CPU性能

CPU性能

安い!コスパ最高 8万円以下で買えるCore i3・N100・Ryzen 3 以上のCPU搭載ノートPCを紹介!(2024年4月)

今回の記事は、8万円以下で購入できる安くてコスパ最高なノートパソコンを紹介します。 おすすめする商品の条件は、価格が 8万円 以下で「Ryzen 3」&「 Core i3」& 「Intel N100」以上の性能、そして、「メモリ : 8GB」以上で「SSD : 128GB」以上、OSは、Windowsです。この5つの条件をクリアしたコスパ最高なノートパソコンを紹介します。
CPU性能

Intel Core Ultra 7 155U の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 7 155Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 7 155Uは、「Core Ultra Uシリーズ」に属し、シリーズの中では上位のクラスに入ります。性能と省電性のバランスの取れた設計となっており、優れたパフォーマンス性能を実現しつつ、エネルギー効率もいい感じに向上しています。なので、長時間の使用でも安定した動作を実現し、外出先でも安心して作業ができます。
CPU性能

Intel Core Ultra 5 125U の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 5 125Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 5 125Uは、コードネームは「Meteor Lake」で、「Core Ultra Uシリーズ」に属し、シリーズの中では下位になります。Intelでは初のAI推論処理に特化したNPU AIエンジンを内蔵し、低い消費電力でも高いAI処理能力を発揮してくれます。さらにプロセスルールが前世代の Intel 7 (10nm) から Intel 4 (7nm) へと進化し、おおよそ20%以上の電力効率を実現したそうです。
CPU性能

Intel Core Ultra 9 185H の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 9 185Hのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 9 185Hは、「Core Ultra Hシリーズ」に属し、シリーズの中では、上位に入る性能を持っています。優れたマルチスレッド性能による高性能なハイエンドプロセッサとなっています。高コア数、高クロック、大容量キャッシュなどの特徴を兼ね備えた非常に高性能なプロセッサです。特にマルチスレッド性能とAI/グラフィックス処理能力に優れているのが魅力です。
CPU性能

Intel Core Ultra 7 155H の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 7 155Hのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 7 155Hは、「Core Ultra Hシリーズ」に属し、シリーズの中では、中間ぐらいの位置付けとなっています。最新の「Intel 4 (7nm)」製造プロセスと独自のアーキテクチャを採用したことで、前世代よりも性能とエネルギー効率が向上しています。そして、ベースパワーが 28W、最大パワーが 115Wとなり、なかなかのパフォーマンス性能にも期待が持てます。
CPU性能

Intel Core Ultra 5 135H の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 5 135Hのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 5 135Hは、「Core Ultra Hシリーズ」に属し、シリーズの中ではCore Ultra 5 125Hの上に位置し、Core Ultra 5 125H よりもクロック周波数、グラフィックス性能が優れています。高性能のCPU性能と省電性を両立したプロセッサーで、AIにより、幅広い用途で作業効率が良くなるそうです。この「Core Ultra Hシリーズ」は、ノートPCの新たな性能基準を示すシリーズだと思います。
CPU性能

Intel Core Ultra 5 125H の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 5 125Hのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 5 125Hは、「Core Ultra Hシリーズ」に属し、シリーズの中では下位になります。コードネームは「Meteor Lake」で、プロセスルールが前世代の Intel 7 (10nm) から Intel 4 (7nm) へと進化しました。「Core Ultra」とは、Intelが今までシリーズ化してきたノート向け「Core iシリーズ」の「i」という文字を捨て、ノート向け「Core Ultra シリーズ」として、新たに生まれ変わったシリーズです。
CPU性能

Intel Processor N200 の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Processor N200 のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Processor N200 は、価格の安価なプロセッサです。 低価格で手軽に利用できるエントリーレベルのパフォーマンス性能と低消費電力による省電性を兼ね備えたモデルです。高度なグラフィックス処理や複雑な計算などはあまり向いていないプロセッサです。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7535HS のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 5 7535HSのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 5 7535HSは、下二桁の数字が35で、末尾に「HS」が付いているモデルです。プロセスルールが6nm、開発コード名が Rembrandt-Rとなっており、「Zen 3+アーキテクチャ」を採用しています。「Passmark」のベンチマークでは、デスクトップ型CPUの「Intel Core i5-11500」よりも高い数値が出ています。なかなかのパフォーマンス性能をもっているプロセッサかと思います。
CPU性能

【 Amazon 】Fire Max 11 タブレット (第13世代) のベンチマークCPU・GPU性能は? 仕様 &特徴は?

今回は、Amazonから販売しているタブレット端末 Fire Max 11 タブレット(第13世代) の ベンチマーク性能(Antutu Ver9 & Geekbench 5 ) ・仕様・特徴などを記事にしていきたいと思います。Fire Max 11タブレット(第13世代) は、11.0型(2000x1200)、高画質な約213万画素の明るく綺麗なディスプレイを採用。Prime Video、Netflix、ディズニープラス、U-NEXT、電子コミックなどを気軽に楽しめます。 8コアプロセッサとRAM : 4GBを搭載し、アレクサも搭載。この性能で、価格が税込34980円〜からです。お財布に優しいお値段。コスパが良く、使いやすい。画質も良い感じなので、ネットでサイトや動画を見る位の用途にちょうどいいタブレットです。