ベンチマーク

CPU性能

【 Amazon 】Fire Max 11 タブレット (第13世代) のベンチマークCPU・GPU性能は? 仕様 &特徴は?

今回は、Amazonから販売しているタブレット端末 Fire Max 11 タブレット(第13世代) の ベンチマーク性能(Antutu Ver9 & Geekbench 5 ) ・仕様・特徴などを記事にしていきたいと思います。Fire Max 11タブレット(第13世代) は、11.0型(2000x1200)、高画質な約213万画素の明るく綺麗なディスプレイを採用。Prime Video、Netflix、ディズニープラス、U-NEXT、電子コミックなどを気軽に楽しめます。 8コアプロセッサとRAM : 4GBを搭載し、アレクサも搭載。この性能で、価格が税込34980円〜からです。お財布に優しいお値段。コスパが良く、使いやすい。画質も良い感じなので、ネットでサイトや動画を見る位の用途にちょうどいいタブレットです。
CPU性能

【 Amazon 】Fire HD 10 タブレット (第13世代) のベンチマークCPU・GPU性能は? 仕様 &特徴は?

今回は、Amazonから販売しているタブレット端末 Fire HD 10 タブレット(第13世代) の ベンチマーク性能(Antutu Ver9 & Geekbench 5 ) ・仕様・特徴などを記事にしていきたいと思います。Fire HD 10 タブレット(第13世代) は、10.1型(1920x1200)、約230万画素の明るく綺麗なディスプレイを採用。Prime Video、Netflix、ディズニープラス、U-NEXT、電子コミックなどを気軽に楽しめます。しかも、Fire HD 10 第11世代より、最大約25%のパフォーマンス性能が向上し、サクサク感アップ。さらに、アレクサも搭載。とても安価で、コスパが良く、使いやすい。画質もけっこう良い感じなので、ネットでサイトや動画を見る位の用途にちょうどいいタブレットです。
CPU性能

【 Amazon 】Fire HD 8 Plus タブレット(第12世代) のベンチマークCPU・GPU性能は? 仕様 &特徴は?

今回は、Amazonから販売している Fire HD 8 Plus タブレット(第12世代) のベンチマークCPU・GPU性能(Antutu Ver9 & Geekbench 5 ) ・仕様・特徴などを記事にしていきたいと思います。Fire HD 8 Plus タブレット(第12世代) は、Fire HD 8 タブレット(第12世代)のスペックに、3GB RAM、5メガピクセルリアカメラをプラスした製品です。Fire HD 8 タブレット(第12世代) 同様、 Prime Video、Netflix、ディズニープラス、U-NEXT、電子コミックなどが見れたり アレクサも搭載。しかも、とても安価。Fire HD 8 タブレット(第12世代)よりもRAMが1GB増量しているので、よりタスクが使いやすく、画質もなかなか。ネットでサイトや動画を見る位の用途にちょうどいいタブレットです。
CPU性能

【 Amazon 】Fire HD 8 タブレット(第12世代) のベンチマークCPU・GPU性能は? 仕様 &特徴は?

今回は、Amazonから販売している Fire HD 8 タブレット(第12世代) のベンチマークCPU・GPU性能(Antutu Ver9 & Geekbench 5 ) ・仕様・特徴などを記事にしていきたいと思います。Fire HD 8 タブレット(第12世代) は、Prime Video、Netflix、ディズニープラス、U-NEXT、電子コミックなどが見れたり アレクサも搭載。とても安価なのがお財布に嬉しい。画質もなかなかで、ネットで動画見る位の用途にちょうどいいタブレットです。この価格で 色々な機能があるのでコストパフォーマンスは 非常に高い製品だと思います。
CPU性能

Intel Processor N100 の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Processor N100 のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Processor N100 は、価格の安価な低電力仕様のプロセッサです。コードネームは、Alder Lake-Nです。このシリーズは、以前あったノート向けPentiumシリーズとCeleronシリーズの後継で、この二つのシリーズが統合され、一つのシリーズに生まれ変わり、「Intel Processor Nシリーズ」となりました。このプロセッサは、主に軽量薄型ノート型パソコン、Mini デスクトップパソコン に使われるプロセッサーです。
CPU性能

【Apple M3 Maxチップ】の“ CPU・GPU ベンチマーク性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Appleが独自に開発している「Apple Silicon」の新しいモデル、「M3 Maxチップ」のCPU & GPUベンチマーク性能について書いていきたいと思います。 #ベンチマークスコア値は「Geekbench」のスコア値です。「M3 Maxチップ」は、M3 Proチップでは物足りない、もっと高いパフォーマンス性能がほしいという人向けに開発されたチップ(SoC)です。製造プロセス3nmを採用し、高いパフォーマンスを発揮し、電力効率が高く、省電性にも優れています。CPU/GPUのコア数やトランジスタ数など、前モデルのM2 Maxチップよりも多く、パフォーマンス性能が向上しています。という事で、気になる「M3 Maxチップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前モデル(M2 Maxチップ)のベンチマーク数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

【Apple M3 Proチップ】の“ CPU・GPU ベンチマーク性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Appleが独自に開発している「Apple Silicon」の新しいモデル、「M3 Proチップ」のCPU & GPUベンチマーク性能について書いていきたいと思います。 #ベンチマークスコア値は「Geekbench」のスコア値です。「M3 Proチップ」は、M3チップでは物足りない、もっと高いパフォーマンス性能がほしいという人向けに開発されたチップ(SoC)です。製造プロセス3nmを採用し、高いパフォーマンスを発揮し、電力効率が高く、省電性にも優れています。ただ、GPUのコア数やトランジスタなど、前モデルのM2 Proチップよりも少ないのが気になります。という事で、気になる「M3 Proチップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前モデル(M2 Proチップ)のベンチマーク数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

【Apple M3チップ】の“ CPU・GPU ベンチマーク性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Appleが独自に開発している「Apple Silicon」の新しいモデル、「M3チップ」のCPU & GPUベンチマーク性能について書いていきたいと思います。 #ベンチマークスコア値は「Geekbench」のスコア値です。「M3チップ」は、製造プロセス3nmを採用し、より多くのトランジスタを少ないスペースに納めることが可能となりました。そのおかげで、「M2チップ」よりも電力効率が高く、パフォーマンス性能もアップしました。性能の高かった「M2チップ」が、さらに進化。という事で「M3チップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前のモデル(M2チップ)のベンチマーク数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

Intel Processor U300 の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Processor U300 のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Processor U300 は、コードネームが、Raptor Lakeなので、Intel 第13世代 Core U シリーズに入るかと思われます。U シリーズの中では、最下位に位置するモデルとなり、性能は今一つという感じです。とは言っても、Intel Core i3-1305U 同様、ベンチマーク(PassMark)では、Intel Core i5-9300Hよりもスコアが高くでているので、性能は、そこまで悪くないかと思います。ベースパワーが15Wと低く、性能よりも省電力性を重視したモデルです。このプロセッサは、主に軽量薄型ノート型パソコンに使われるプロセッサーです。
CPU性能

Intel Core i3-1305U の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core i3-1305Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core i3-1305Uは、ノート向けIntel 第13世代 Core U シリーズの中では、下位モデルに当たります。とは言っても、ベンチマーク(PassMark)では、Intel Core i5-9300Hよりもスコアが高くでているので、性能は、そこまで悪くないかと思います。コードネームは、Raptor Lake。ベースパワーが15Wと低く、性能よりも省電力性を重視したモデルです。このプロセッサは、主に軽量薄型ノート型パソコンに使われるプロセッサーです。