AMD

CPU性能

コスパ最高 8万円以下で買えるCore i3・Ryzen 3 以上のCPU搭載ノートPCを紹介!(2024年2月)

今回の記事は、8万円以下で購入できるコスパ最高なノートパソコンを紹介します。 おすすめする商品の条件は、価格が 8万円 以下で「Ryzen 3」&「 Core i3」以上の性能、そして、「メモリ : 8GB」以上で「SSD : 128GB」以上、OSは、Windowsです。この5つの条件をクリアしたコスパ最高なノートパソコンを紹介します。
CPU性能

AMD Ryzen 9 7900X のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 9 7900Xのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 9 7900Xは、末尾が「X」なので、末尾が「無印」のAMD Ryzen 9 7900 よりも消費電力が高く、TDP、基本クロック周波数、最大ブースト クロック周波数がそれぞれ上回っています。しかも、Ryzen 7000Xシリーズの中では最上位に位置し、「第13世代 Core i9シリーズ」のIntel Core i9-13900とベンチマーク性能(PassMark)を比べても、引けを取らないどころか上回っています。高い性能が魅力のプロセッサーだと思います。CPU BOX(本体)価格は、約5万7000円前後〜9万5000円程度となっていて、価格は、決して安くはありません。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7700X のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7700Xのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 7 7700Xは、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。このCPUは「 Intel 第12世代 Core i9シリーズ」の Core i9-12900Fとベンチマーク性能(PassMark)を比べても、引けを取らないどころか上回っています。なかなかの高性能プロセッサーだと思います。CPU BOX(本体)価格は、約4万5000円前後〜7万1000円程度となっています。Ryzen 7 7700Xは、主にデスクトップ型パソコンに、多く使われているプロセッサーです。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7600X のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD  Ryzen 5 7600X のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 5 7600Xは、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。末尾に「X」が付いているので、末尾が「無印」よりも、TDP、基本クロック周波数、最大ブースト クロック周波数が、それぞれ高くなっています。CPU BOX(本体)価格は、約3万1000円前後〜5万円程度となっていて、比較的購入しやすいCPUだと思います。性能もデスクトップPC向けCPUの中では、そこそこといった感じで、トータル面で見てもコスパが良いと思います。Ryzen 5 7600Xは、主にデスクトップ型パソコンに、多く使われているプロセッサーです。
CPU性能

AMD Ryzen 9 7900 のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 9 7900のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 9 7900は、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。このCPUは、消費電力を抑えたTDP65Wの「無印モデル」です。しかし「第12世代 Core i9シリーズ」のIntel Core i9-12900KSとベンチマーク性能(PassMark)を比べても、引けを取らないどころか上回っています。高い性能と、省電性が魅力のプロセッサーだと思います。CPU BOX(本体)価格は、約6万4000円前後〜7万8000円程度となっていて、価格は、決して安くはありません。Ryzen 9 7900は、主にデスクトップ型パソコンに、多く使われているプロセッサーです。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7700 のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7700のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 7 7700は、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。このCPUは「第12世代 Core i7シリーズ」のCore i7-12700Kとベンチマーク性能(PassMark)を比べても、引けを取らないどころか上回っています。なかなかの高性能かつ省電性のとれたプロセッサーだと思います。CPU BOX(本体)価格は、約5万1000円前後〜6万円程度となっていて、この性能を考えれば、妥当な値段だと思います。Ryzen 7 7700は、主にデスクトップ型パソコンに、多く使われているプロセッサーです。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7600 のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD  Ryzen 5 7600のベンチマーク(PassMark・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 5 7600は、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。CPU BOX(本体)価格は、約3万6000円前後〜4万1000円程度となっていて、同クラスのIntel製CPUと比べてみると、まあまあ値段が安く、比較的購入しやすいCPUだと思います。性能に関しても、デスクトップPC向けCPUの中では、そこそこの性能といった感じで、トータル面で見てもコスパが良いと思います。
CPU性能

AMD Ryzen Z1 のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載機種は? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen Z1 のベンチマーク(Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されている機種を紹介したいと思います。AMD Ryzen Z1 は、AMDがポータブルゲーム機用に開発したCPU(APU)です。なんと「Zen 4 アーキテクチャ」を採用し、プロセスルールが4nmです。内蔵GPUは「AMD RDNA 3 グラフィックス(最高2.8Tflops)」を搭載し、AMD Ryzen Z1 Extremeほどではないが、なかなか高いパフォーマンス性能をもっているモデルです。このプロセッサは、主にポータブルゲーム機(ハンドル型ゲーミングPC)などに使われる CPU(APU)です。
CPU性能

AMD Ryzen Z1 Extreme のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載機種は? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen Z1 Extremeのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されている機種を紹介したいと思います。AMD Ryzen Z1 Extremeは、AMDがポータブルゲーム機用に開発したCPU(APU)です。なんと「Zen 4 アーキテクチャ」を採用し、プロセスルールは、電力効率の良い4nmです。内蔵GPUは「AMD RDNA 3 グラフィックス」を搭載し、かなり高いパフォーマンス性能をもっているモデルです。このプロセッサは、主にポータブルゲーム機(ハンドル型ゲーミングPC)に使われる CPU(APU)です。
CPU性能

AMD Ryzen 9 7945HX のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 9 7945HXのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 9 7945HXは、下二桁の数字が45で、末尾に「HX」が付いているモデルです。プロセスルールが5nm、開発コード名が Dragon Range となっており、「Zen 4 アーキテクチャ」を採用しています。このモデルは、デスクトップ向けCPUをノート向けPC用に流用したモデルで、かなり高いパフォーマンス性能をもっているモデルです。「Dragon Range シリーズ」の中では上位に位置する性能をもっています。このプロセッサは、主にスペックの高いクリエイターノートPCやゲーミングノートPCに多く使われるプロセッサです。