AMD

CPU性能

安い!コスパ最高 8万円以下で買えるCore i3・N100・Ryzen 3 以上のCPU搭載ノートPCを紹介!(2024年6月)

今回の記事は、8万円以下で購入できる安くてコスパ最高なノートPCを紹介します。 おすすめする商品の条件は、価格が 8万円 以下で「Ryzen 3」&「 Core i3」& 「Intel N100」以上の性能、そして、「メモリ : 8GB」以上で「SSD : 128GB」以上、OSは、Windowsです。この5つの条件をクリアしたコスパ最高なノートパソコンを紹介します。
CPU性能

コスパ最高! 10万円以下で買える メモリ16GB以上で Core i5・Ryzen 5 以上のCPU搭載ノートPCを紹介!(2024年6月)

今回の記事は、10万円以下で購入できる性能がなかなかで、お財布に優しい コスパ最高なノートPCを紹介します。 おすすめする商品の条件は、価格が 10万円以下で「Core 5」&「 Core i5」& 「Ryzen 5」以上の性能、そして、「メモリ : 16GB」以上で「SSD : 256GB」以上、OSは、Windowsです。この5つの条件をクリアしたコスパ最高なノートパソコンを紹介します。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7840HS のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7840HSのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 7 7840HSは、「Zen 4」アーキテクチャ、4nmプロセスで製造され、前世代モデルの「ZEN 3+」アーキテクチャ、6nmプロセスと比較して、パフォーマンス性能、省電性能が、著しく向上しています 。ベンチマーク(PassMark)では、デスクトップ向けCPUの「Intel Core i5-12600K」よりも高い数値がでています。デスクトップ向けCPU並みのパフォーマンス性能に省電性をプラスしたコスパの良いモデルとなっています。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7640HS のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 5 7640HSのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 5 7640HSは、プロセスルールは4nmで、「Zen 4アーキテクチャ(CPU)」と「RDNA 3 アーキテクチャ(GPU) 」を採用し、Ryzen 5 7640Uよりもクロック周波数やTDPが高く設定されたモデルです。ベンチマーク(PassMark)では、デスクトップ向けCPUの「Intel Core i9-10850K」よりも高くなっています。高いパフォーマンス性だけではなく、省電性も兼ね備えたプロセッサです。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7840U のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7840Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 7 7840Uは、「Zen 4 アーキテクチャ(CPU)」 と 「RDNA 3 アーキテクチャ(GPU)」 によるノート向けプロセッサ 「Ryzen 7040Uシリーズ」に入ります。このシリーズの中では上位に入る性能を持っていて、ベンチマーク(PassMark)では、デスクトップ向けCPUの「Intel Core i9-11900K」に近い数値がでています。デスクトップ向けCPU並みの性能に省電性をプラスしたコスパの良いモデルとなっています。このプロセッサは、主にクリエイターノートPCやゲーミングノートPCに使われるプロセッサです。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7640U のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 5 7640Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 5 7640Uは、下二桁の数字が40で、末尾に「U」が付いているモデルです。プロセスルールが4nmの「Zen 4アーキテクチャ」と「RDNA 3 アーキテクチャ(GPU) 」を採用し、開発コード名が「Phoenix」となっております。ベンチマーク(PassMark)では、デスクトップ向けCPUの「Intel Core i9- 10900F」よりも高くなっています。高いパフォーマンスと省電性を兼ね備えているプロセッサです。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7535HS のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 5 7535HSのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 5 7535HSは、下二桁の数字が35で、末尾に「HS」が付いているモデルです。プロセスルールが6nm、開発コード名が Rembrandt-Rとなっており、「Zen 3+アーキテクチャ」を採用しています。「Passmark」のベンチマークでは、デスクトップ型CPUの「Intel Core i5-11500」よりも高い数値が出ています。なかなかのパフォーマンス性能をもっているプロセッサかと思います。
CPU性能

AMD Ryzen 9 7900X のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 9 7900Xのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 9 7900Xは、末尾が「X」なので、末尾が「無印」のAMD Ryzen 9 7900 よりも消費電力が高く、TDP、基本クロック周波数、最大ブースト クロック周波数がそれぞれ上回っています。しかも、Ryzen 7000Xシリーズの中では最上位に位置し、「第13世代 Core i9シリーズ」のIntel Core i9-13900とベンチマーク性能(PassMark)を比べても、引けを取らないどころか上回っています。高い性能が魅力のプロセッサーだと思います。CPU BOX(本体)価格は、約5万7000円前後〜9万5000円程度となっていて、価格は、決して安くはありません。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7700X のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7700Xのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 7 7700Xは、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。このCPUは「 Intel 第12世代 Core i9シリーズ」の Core i9-12900Fとベンチマーク性能(PassMark)を比べても、引けを取らないどころか上回っています。なかなかの高性能プロセッサーだと思います。CPU BOX(本体)価格は、約4万5000円前後〜7万1000円程度となっています。Ryzen 7 7700Xは、主にデスクトップ型パソコンに、多く使われているプロセッサーです。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7600X のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD  Ryzen 5 7600X のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 5 7600Xは、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。末尾に「X」が付いているので、末尾が「無印」よりも、TDP、基本クロック周波数、最大ブースト クロック周波数が、それぞれ高くなっています。CPU BOX(本体)価格は、約3万1000円前後〜5万円程度となっていて、比較的購入しやすいCPUだと思います。性能もデスクトップPC向けCPUの中では、そこそこといった感じで、トータル面で見てもコスパが良いと思います。Ryzen 5 7600Xは、主にデスクトップ型パソコンに、多く使われているプロセッサーです。