apple

CPU性能

【Apple M3 Maxチップ】の“ CPU・GPU ベンチマーク性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Appleが独自に開発している「Apple Silicon」の新しいモデル、「M3 Maxチップ」のCPU & GPUベンチマーク性能について書いていきたいと思います。 #ベンチマークスコア値は「Geekbench」のスコア値です。「M3 Maxチップ」は、M3 Proチップでは物足りない、もっと高いパフォーマンス性能がほしいという人向けに開発されたチップ(SoC)です。製造プロセス3nmを採用し、高いパフォーマンスを発揮し、電力効率が高く、省電性にも優れています。CPU/GPUのコア数やトランジスタ数など、前モデルのM2 Maxチップよりも多く、パフォーマンス性能が向上しています。という事で、気になる「M3 Maxチップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前モデル(M2 Maxチップ)のベンチマーク数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

【Apple M3 Proチップ】の“ CPU・GPU ベンチマーク性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Appleが独自に開発している「Apple Silicon」の新しいモデル、「M3 Proチップ」のCPU & GPUベンチマーク性能について書いていきたいと思います。 #ベンチマークスコア値は「Geekbench」のスコア値です。「M3 Proチップ」は、M3チップでは物足りない、もっと高いパフォーマンス性能がほしいという人向けに開発されたチップ(SoC)です。製造プロセス3nmを採用し、高いパフォーマンスを発揮し、電力効率が高く、省電性にも優れています。ただ、GPUのコア数やトランジスタなど、前モデルのM2 Proチップよりも少ないのが気になります。という事で、気になる「M3 Proチップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前モデル(M2 Proチップ)のベンチマーク数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

【Apple M3チップ】の“ CPU・GPU ベンチマーク性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Appleが独自に開発している「Apple Silicon」の新しいモデル、「M3チップ」のCPU & GPUベンチマーク性能について書いていきたいと思います。 #ベンチマークスコア値は「Geekbench」のスコア値です。「M3チップ」は、製造プロセス3nmを採用し、より多くのトランジスタを少ないスペースに納めることが可能となりました。そのおかげで、「M2チップ」よりも電力効率が高く、パフォーマンス性能もアップしました。性能の高かった「M2チップ」が、さらに進化。という事で「M3チップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前のモデル(M2チップ)のベンチマーク数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

Apple【A17 Pro チップ】ベンチマークCPU性能は? 仕様 & 搭載機種は?

今回は、Appleが独自開発しているARMベースのチップ(SoC)、A17 Pro チップのベンチマークCPU性能(Antutu  & Geekbench  ) ・仕様・特徴などを記事にしていきたいと思います。さらに、A17 Pro チップ搭載 SiMフリー スマートフォン機種の紹介などもしていきます。 A17 Proチップは、主に「iPhoneシリーズ」に使われているモバイル端末向けのチップ(SoC)となっています。消費電力が少ない割には、高い性能を叩き出す とても優れたチップ(SoC)です。
CPU性能

Apple【A16 Bionicチップ】ベンチマークCPU性能は? 仕様 & 搭載機種は?

今回は、Appleが独自開発しているARMベースのチップ(SoC)、A16 BionicチップのベンチマークCPU性能(Antutu Ver9 & Geekbench 5 ) ・仕様・特徴などを記事にしていきたいと思います。さらに、SiMフリー スマートホンの搭載機種の紹介などもしていきます。A16 Bionicチップは、主に「iPhoneシリーズ」に使われているモバイル端末向けのチップ(SoC)となっています。消費電力が少ない割には、高い性能を叩き出す とても優れたチップ(SoC)です。
CPU性能

【Apple M2チップ】の“ベンチマークCPU・GPU性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Apple 『M2チップ』搭載、Mac book AirとMac Book Proのベンチマーク(Geek bench5)CPU・GPU性能について書いていきたいと思います。「M2チップ」は「M1チップ」の後継にあたり、CPU性能が最大18%、GPU性能は最大35%も向上しています。かなり評価の高かった「M1チップ」からの大幅進化。「今後のAppleシリコンは、どうなってしまうのか?」というくらい「M2チップ」の進化は、すごいと感じました。それでは「M2チップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前のモデル(M1チップ)の数値といっしょに紹介していきたいと思います。
PC・その他

【Apple】2023 Mac mini M2チップ&M2 Pro チップ搭載! メリット・デメリット・ベンチマーク・進化点は?

Appleは、2023年2月にM2チップ&M2 Proチップを搭載したMac mini を発売しました。新しい2023 Mac mini は、見た感じが従来モデルと同じで、真新しさはありません。ただ、パフォーマンス性能は良い感じに上がっています。しかも「M2 Proチップ」を搭載したモデルを選べるようになりました。という事で、今回の記事は、2023 Mac miniの性能や進化点、メリットやデメリット、そして、ベンチマークについての記事を、書いていきたいと思います。
CPU性能

Apple 《M2 Pro&M2 Max》SoCの“ベンチマークCPU・GPU性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Apple「M2 Proチップ/ M2 Maxチップ」搭載MacBook Proのベンチマーク(Geek bench5)「CPU性能&GPU性能」について書いていきたいと思います。2023年2月に新しくなったMacBook Pro14インチ & 16インチには、M1 Pro / M1 Maxチップの上をいく性能をもったチップ(SoC)「M2 Proチップ & M2 Maxチップ」が、今回搭載されました。M1 Pro / M1 Maxチップ(SoC)の性能が、けっこう凄かったので、「M2 Proチップ & M2 Maxチップ」も、すごく気になりますよね・・・・
CPU性能

Apple【A14 Bionic】第10世代 iPadの“ベンチマーク性能”はどれくらい? 仕様や特徴! 第9世代 iPadとの比較

扱いやすい大きさの無印iPad。しかも、パワフルで万能。10.9インチのLiquid RetinaRetinaディスプレイは、納得の美しさ。パワフルなA14 Bionicチップにオシャレでかわいい4つのカラーバリエーション。さらに、第1世代Apple Pencil(別売)とMagicKeyboardFolio(別売) が本体の可能性を広げてくれます。いろいろなことを、もっと簡単に、そして、インスピレーションを形にすることができます。今回は、Apple 2022年版 A14 Bionicチップ搭載 iPadの仕様や特徴、そして、ベンチマーク性能(Geekbench 5) について書いていきたいと思います。さらに、旧モデルとの比較もしていきたいと思います。
CPU性能

Apple 2022【M2】iPad Proの“ベンチマーク性能”はどれくらい? 気になる仕様&特徴! 旧型との比較!

さらなる進化! M2搭載 iPad Pro。今まで以上に高いパフォーマンスが可能で、Apple Pencil(第2世代)の可能性が、また一つ広がり、新次元の体験ができます。そして、iPadOS 16の新機能を持て余す事なく使用できるiPadでもあります。生産性の向上はもちろん、共同作業も快適にできます。今回は、Apple 2022年版 M2チップ搭載 iPad Proの仕様や特徴、そして、ベンチマーク性能(Geekbench 5) について書いていきたいと思います。さらに、旧モデルとの比較もしていきたいと思います。