CPU

CPU性能

Snapdragon 4 Gen 2 チップ(SoC)ベンチマーク CPU/GPU性能は? 特徴や仕様は? 搭載SIMフリー スマートフォンは?

今回は、Qualcommが開発しているARMベースのチップ(SoC)、Snapdragon 4 Gen 2のベンチマーク(Antutu  & Geekbench )性能を記事にしていきたいと思います。そして、このチップ(SoC)が搭載されているSIMフリーのスマートフォンを紹介したいと思います。 Snapdragon 4 Gen 2は、Qualcommのエントリークラス向けのチップ(SoC)です。前世代(同クラスのモデル)よりも、CPU性能が最大10%向上しています。ただ、GPU性能は低下しているため、評価が分かれるSoCとなっています。日常使用では高速な動作が期待できますが、ゲームなど GPU負荷の高いアプリでは性能不足が目立つモデルかと思われます。
CPU性能

安い!コスパ最高 8万円以下で買えるCore i3・N100・Ryzen 3 以上のCPU搭載ノートPCを紹介!(2024年6月)

今回の記事は、8万円以下で購入できる安くてコスパ最高なノートPCを紹介します。 おすすめする商品の条件は、価格が 8万円 以下で「Ryzen 3」&「 Core i3」& 「Intel N100」以上の性能、そして、「メモリ : 8GB」以上で「SSD : 128GB」以上、OSは、Windowsです。この5つの条件をクリアしたコスパ最高なノートパソコンを紹介します。
CPU性能

コスパ最高! 10万円以下で買える メモリ16GB以上で Core i5・Ryzen 5 以上のCPU搭載ノートPCを紹介!(2024年6月)

今回の記事は、10万円以下で購入できる性能がなかなかで、お財布に優しい コスパ最高なノートPCを紹介します。 おすすめする商品の条件は、価格が 10万円以下で「Core 5」&「 Core i5」& 「Ryzen 5」以上の性能、そして、「メモリ : 16GB」以上で「SSD : 256GB」以上、OSは、Windowsです。この5つの条件をクリアしたコスパ最高なノートパソコンを紹介します。
CPU性能

Snapdragon 8 Gen 3 チップ(SoC)ベンチマーク CPU/GPU性能は? 特徴や仕様は? 搭載SIMフリー スマートフォンは?

今回は、Qualcommが開発しているARMベースのチップ(SoC)、Snapdragon 8 Gen 3のベンチマーク(Antutu  & Geekbench )性能を記事にしていきたいと思います。そして、このチップ(SoC)が搭載されているSIMフリースマートフォンも紹介していきたいと思います。 Snapdragon 8 Gen 3 は、Qualcommのハイエンドモデルとなっており、前世代の「Snapdragon 8 Gen 2」から大きく進化を遂げています。CPU/GPU/NPU など、主要部分での構成が強化され、全体的な処理能力が飛躍的に向上しています。 ゲームのグラフィックスやAI機能を活用したアプリケーション、さらには複数のタスクを同時に扱うマルチタスク処理など、さまざまな用途で顕著な性能差が現れると予想されます。このSoCは、モバイル機器の体験をより快適にするパワフルな駆動力となることでしょう。
CPU性能

Apple 2024【M2】iPad Air の“ベンチマーク性能”はどれくらい? 気になる仕様&特徴!

2024年5月にAppleの「iPad Air」が新しくリニューアルしました。11型(10.86型) モデルの他に13型(12.9型) モデルが追加され、美しいLiquid Retinaディスプレイと最新のM2チップにより、作業効率とクリエイティビティが飛躍的に向上します。Apple 独自のSoC、M2チップを搭載し、今まで以上に高速な処理能力を手に入れました。iPadAirは、パワフルなパフォーマンスと先進の機能性を兼ね備え、まさに夢のようなタブレットです。今回は、Apple M2チップ搭載 iPad Air 2024年モデルの仕様や特徴、そして、ベンチマーク性能(Geekbench) について書いていきたいと思います。さらに、旧モデルとの比較もしていきたいと思います。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7840HS のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7840HSのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 7 7840HSは、「Zen 4」アーキテクチャ、4nmプロセスで製造され、前世代モデルの「ZEN 3+」アーキテクチャ、6nmプロセスと比較して、パフォーマンス性能、省電性能が、著しく向上しています 。ベンチマーク(PassMark)では、デスクトップ向けCPUの「Intel Core i5-12600K」よりも高い数値がでています。デスクトップ向けCPU並みのパフォーマンス性能に省電性をプラスしたコスパの良いモデルとなっています。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7640HS のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 5 7640HSのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 5 7640HSは、プロセスルールは4nmで、「Zen 4アーキテクチャ(CPU)」と「RDNA 3 アーキテクチャ(GPU) 」を採用し、Ryzen 5 7640Uよりもクロック周波数やTDPが高く設定されたモデルです。ベンチマーク(PassMark)では、デスクトップ向けCPUの「Intel Core i9-10850K」よりも高くなっています。高いパフォーマンス性だけではなく、省電性も兼ね備えたプロセッサです。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7840U のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7840Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 7 7840Uは、「Zen 4 アーキテクチャ(CPU)」 と 「RDNA 3 アーキテクチャ(GPU)」 によるノート向けプロセッサ 「Ryzen 7040Uシリーズ」に入ります。このシリーズの中では上位に入る性能を持っていて、ベンチマーク(PassMark)では、デスクトップ向けCPUの「Intel Core i9-11900K」に近い数値がでています。デスクトップ向けCPU並みの性能に省電性をプラスしたコスパの良いモデルとなっています。このプロセッサは、主にクリエイターノートPCやゲーミングノートPCに使われるプロセッサです。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7640U のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 5 7640Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 5 7640Uは、下二桁の数字が40で、末尾に「U」が付いているモデルです。プロセスルールが4nmの「Zen 4アーキテクチャ」と「RDNA 3 アーキテクチャ(GPU) 」を採用し、開発コード名が「Phoenix」となっております。ベンチマーク(PassMark)では、デスクトップ向けCPUの「Intel Core i9- 10900F」よりも高くなっています。高いパフォーマンスと省電性を兼ね備えているプロセッサです。
CPU性能

Intel Core 7 150U の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core 7 150Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core 7 150Uは、コードネームは「Raptor Lake」で、「Core processor (シリーズ1)」に属し、シリーズの中では上位に入る性能になります。Core 5 120Uよりも 格クロック周波数および最大クロック周波数が高く設定されています。内蔵GPU性能もCore 5 120Uよりいい感じです。ただ、Intel Arc Graphicsではなく、Intel Graphics が搭載されているので、あまり期待できませんので注意が必要です。