Intel

CPU性能

安い!コスパ最高 8万円以下で買えるCore i3・N100・Ryzen 3 以上のCPU搭載ノートPCを紹介!(2024年6月)

今回の記事は、8万円以下で購入できる安くてコスパ最高なノートPCを紹介します。 おすすめする商品の条件は、価格が 8万円 以下で「Ryzen 3」&「 Core i3」& 「Intel N100」以上の性能、そして、「メモリ : 8GB」以上で「SSD : 128GB」以上、OSは、Windowsです。この5つの条件をクリアしたコスパ最高なノートパソコンを紹介します。
CPU性能

コスパ最高! 10万円以下で買える メモリ16GB以上で Core i5・Ryzen 5 以上のCPU搭載ノートPCを紹介!(2024年6月)

今回の記事は、10万円以下で購入できる性能がなかなかで、お財布に優しい コスパ最高なノートPCを紹介します。 おすすめする商品の条件は、価格が 10万円以下で「Core 5」&「 Core i5」& 「Ryzen 5」以上の性能、そして、「メモリ : 16GB」以上で「SSD : 256GB」以上、OSは、Windowsです。この5つの条件をクリアしたコスパ最高なノートパソコンを紹介します。
CPU性能

Intel Core 7 150U の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core 7 150Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core 7 150Uは、コードネームは「Raptor Lake」で、「Core processor (シリーズ1)」に属し、シリーズの中では上位に入る性能になります。Core 5 120Uよりも 格クロック周波数および最大クロック周波数が高く設定されています。内蔵GPU性能もCore 5 120Uよりいい感じです。ただ、Intel Arc Graphicsではなく、Intel Graphics が搭載されているので、あまり期待できませんので注意が必要です。
CPU性能

Intel Core 5 120U のベンチマークCPU 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、Intel Core 5 120Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core 5 120Uは、コードネームは「Raptor Lake」で、「Core processor (シリーズ1)」に属し、シリーズの中では下位になります。前世代の「第13世代Core i シリーズ」を リフレッシュ したシリーズです。プロセスルールも前世代と同じ Intel 7 (10nm)です。ただ内蔵GPUに関しては、Intel Arc Graphicsではなく、Intel Graphics が搭載されているので、あまり期待できませんので注意が必要ですCore 5 120Uプロセッサは、主にノート型パソコンに使われるプロセッサーです。
CPU性能

Intel Core 3 100U のベンチマークCPU 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、Intel Core 3 100Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench)、CPU性能についての記事を書いていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core 3 100Uは、コードネームは「Raptor Lake」で、「Core processor (シリーズ1)」に属し、シリーズの中での性能は下位に位置します。Core 3 100Uが搭載されたノートPCは、メモリが8GBの場合が多く、6~8万円ぐらいの価格帯が比較的多くなると思われます。
CPU性能

Intel Core Ultra 7 155U の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 7 155Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 7 155Uは、「Core Ultra Uシリーズ」に属し、シリーズの中では上位のクラスに入ります。性能と省電性のバランスの取れた設計となっており、優れたパフォーマンス性能を実現しつつ、エネルギー効率もいい感じに向上しています。なので、長時間の使用でも安定した動作を実現し、外出先でも安心して作業ができます。
CPU性能

Intel Core Ultra 5 125U の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 5 125Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 5 125Uは、コードネームは「Meteor Lake」で、「Core Ultra Uシリーズ」に属し、シリーズの中では下位になります。Intelでは初のAI推論処理に特化したNPU AIエンジンを内蔵し、低い消費電力でも高いAI処理能力を発揮してくれます。さらにプロセスルールが前世代の Intel 7 (10nm) から Intel 4 (7nm) へと進化し、おおよそ20%以上の電力効率を実現したそうです。
CPU性能

Intel Core Ultra 9 185H のベンチマークCPU 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、Intel Core Ultra 9 185Hのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 9 185Hは、「Core Ultra Hシリーズ」に属し、シリーズの中では、上位に入る性能を持っています。優れたマルチスレッド性能による高性能なハイエンドプロセッサとなっています。高コア数、高クロック、大容量キャッシュなどの特徴を兼ね備えた非常に高性能なプロセッサです。特にマルチスレッド性能とAI/グラフィックス処理能力に優れているのが魅力です。
CPU性能

Intel Core Ultra 7 155H の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 7 155Hのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 7 155Hは、「Core Ultra Hシリーズ」に属し、シリーズの中では、中間ぐらいの位置付けとなっています。最新の「Intel 4 (7nm)」製造プロセスと独自のアーキテクチャを採用したことで、前世代よりも性能とエネルギー効率が向上しています。そして、ベースパワーが 28W、最大パワーが 115Wとなり、なかなかのパフォーマンス性能にも期待が持てます。
CPU性能

Intel Core Ultra 5 135H の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core Ultra 5 135Hのベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core Ultra 5 135Hは、「Core Ultra Hシリーズ」に属し、シリーズの中ではCore Ultra 5 125Hの上に位置し、Core Ultra 5 125H よりもクロック周波数、グラフィックス性能が優れています。高性能のCPU性能と省電性を両立したプロセッサーで、AIにより、幅広い用途で作業効率が良くなるそうです。この「Core Ultra Hシリーズ」は、ノートPCの新たな性能基準を示すシリーズだと思います。