PassMark

CPU性能

Intel Processor N100 の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Processor N100 のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Processor N100 は、価格の安価な低電力仕様のプロセッサです。コードネームは、Alder Lake-Nです。このシリーズは、以前あったノート向けPentiumシリーズとCeleronシリーズの後継で、この二つのシリーズが統合され、一つのシリーズに生まれ変わり、「Intel Processor Nシリーズ」となりました。このプロセッサは、主に軽量薄型ノート型パソコン、Mini デスクトップパソコン に使われるプロセッサーです。
CPU性能

Intel Processor U300 の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Processor U300 のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Processor U300 は、コードネームが、Raptor Lakeなので、Intel 第13世代 Core U シリーズに入るかと思われます。U シリーズの中では、最下位に位置するモデルとなり、性能は今一つという感じです。とは言っても、Intel Core i3-1305U 同様、ベンチマーク(PassMark)では、Intel Core i5-9300Hよりもスコアが高くでているので、性能は、そこまで悪くないかと思います。ベースパワーが15Wと低く、性能よりも省電力性を重視したモデルです。このプロセッサは、主に軽量薄型ノート型パソコンに使われるプロセッサーです。
CPU性能

Intel Core i3-1305U の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core i3-1305Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core i3-1305Uは、ノート向けIntel 第13世代 Core U シリーズの中では、下位モデルに当たります。とは言っても、ベンチマーク(PassMark)では、Intel Core i5-9300Hよりもスコアが高くでているので、性能は、そこまで悪くないかと思います。コードネームは、Raptor Lake。ベースパワーが15Wと低く、性能よりも省電力性を重視したモデルです。このプロセッサは、主に軽量薄型ノート型パソコンに使われるプロセッサーです。
CPU性能

Intel Core i5-13500HX の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core i5-13500HX のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Core i5-13500HX は、Pコアに、デスクトップ向け Intel 第13世代 Core シリーズのCPUと同じ、「Raptor Cove」を採用。その結果、消費電力も上がり、ベースパワーが55Wとなりました。HXシリーズは、 ノート向けIntel 第13世代 Core シリーズの中では上位に位置するシリーズで、パワーとパフォーマンス性能が高いのが特徴です。Core i5-13500HXは、主に「クリエイターノートPC」や、「ゲーミングノートPC」のような、高いスペックを必要とするパソコンに多く使われています。
CPU性能

Snapdragon 8cx Gen 3 チップ(SoC)ベンチマークCPU性能&仕様は? 搭載ディバイス機器は?

今回は、Qualcommが開発しているARMベースのチップ(SoC)、Snapdragon 8cx Gen 3のベンチマーク(PassMark & Cinebench  & Geekbench ) 性能を記事にしていきたいと思います。そして、このチップ(SoC)が搭載されている ディバイス機器も紹介していきたいと思います。Snapdragon 8cx Gen 3 は、Qualcommが製造しているPC向けのチップで、たぶん「Snapdragon 8cx Gen 2」の後継に当たるモデル(SoC)です。ちなみに、Snapdragon 8cx Gen 3 は、主に「モバイルノートPC」に使われているモバイルPC向けのチップ(SoC)です。
CPU性能

Snapdragon 7c Gen 2 チップ(SoC)ベンチマークCPU性能&仕様は? 搭載ディバイス機器は?

今回は、Qualcommが開発しているARMベースのチップ(SoC)、Snapdragon 7c Gen 2のベンチマーク(PassMark & Cinebench  & Geekbench & iGPU-FP32) 性能を記事にしていきたいと思います。そして、このチップ(SoC)が搭載されているディバイス機器も紹介していきたいと思います。Snapdragon 7c Gen 2 は、Qualcommが製造しているPC向けのチップです。価格が安価で手軽に使えるエントリーモデル、たぶん「Snapdragon 7c」の後継に当たるモデル(SoC)です。ちなみに、Snapdragon 7c Gen 2 は、主にハイエンドな「モバイルノートPC」に使われているモバイルPC向けのチップ(SoC)です。
CPU性能

AMD Ryzen 9 7900X のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 9 7900Xのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 9 7900Xは、末尾が「X」なので、末尾が「無印」のAMD Ryzen 9 7900 よりも消費電力が高く、TDP、基本クロック周波数、最大ブースト クロック周波数がそれぞれ上回っています。しかも、Ryzen 7000Xシリーズの中では最上位に位置し、「第13世代 Core i9シリーズ」のIntel Core i9-13900とベンチマーク性能(PassMark)を比べても、引けを取らないどころか上回っています。高い性能が魅力のプロセッサーだと思います。CPU BOX(本体)価格は、約5万7000円前後〜9万5000円程度となっていて、価格は、決して安くはありません。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7700X のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7700Xのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 7 7700Xは、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。このCPUは「 Intel 第12世代 Core i9シリーズ」の Core i9-12900Fとベンチマーク性能(PassMark)を比べても、引けを取らないどころか上回っています。なかなかの高性能プロセッサーだと思います。CPU BOX(本体)価格は、約4万5000円前後〜7万1000円程度となっています。Ryzen 7 7700Xは、主にデスクトップ型パソコンに、多く使われているプロセッサーです。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7600X のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD  Ryzen 5 7600X のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 5 7600Xは、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。末尾に「X」が付いているので、末尾が「無印」よりも、TDP、基本クロック周波数、最大ブースト クロック周波数が、それぞれ高くなっています。CPU BOX(本体)価格は、約3万1000円前後〜5万円程度となっていて、比較的購入しやすいCPUだと思います。性能もデスクトップPC向けCPUの中では、そこそこといった感じで、トータル面で見てもコスパが良いと思います。Ryzen 5 7600Xは、主にデスクトップ型パソコンに、多く使われているプロセッサーです。
CPU性能

AMD Ryzen 9 7900 のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 9 7900のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。Ryzen 9 7900は、Zen4アーキテクチャを採用し、コードネームは「Raphael」と呼ばれています。このCPUは、消費電力を抑えたTDP65Wの「無印モデル」です。しかし「第12世代 Core i9シリーズ」のIntel Core i9-12900KSとベンチマーク性能(PassMark)を比べても、引けを取らないどころか上回っています。高い性能と、省電性が魅力のプロセッサーだと思います。CPU BOX(本体)価格は、約6万4000円前後〜7万8000円程度となっていて、価格は、決して安くはありません。Ryzen 9 7900は、主にデスクトップ型パソコンに、多く使われているプロセッサーです。