※本ページはプロモーションが含まれています

2020年モデルMacbook air発売!クアッドコアへの選択も可能になりました!!

PC・その他
災害時やアウトドアに役立つポータブル電源!今がお得に買えるチャンス!
スポンサーリンク
工事不要でネット接続が簡単! お得で安心の大手 WiMAX ブロバイダ会社! おすすめ2選!
ビッグローブ株式会社 《 詳細ページ 》 GMOインターネット株式会社 《 詳細ページ 》

 


3月18日にAppleはいくつかの商品を発表しました。

その中で今回は新しくなったMacBook airの記事を書いていこうと思います。

Macbook airってどんなパソコン?

Macbook airの特徴は、本体が、薄くて軽いので持ち運びが楽なノートパソコンです。

そして、バッテリ-のもちもよく外出先での作業に適しています。

ただ、ガッツリ動画を編集するにはパワーが足りないので、不向きな気がします。

ざっとですけど、特徴はこんな感じですかね・・・

そんな特徴を、ふまえたうえで、2019年モデルと新しくなったMacBook air2020年モデルを比較していきたいと思います。
広告

標準仕様モデルのスペックは?新旧比較

2019モデル 2020モデル
CPU 第8世代 Core i5 8210Y(1.6GHz〜3.6GHz / 三次キャッシュ 4MB) 10世代 Core i3(デュアルコア1.1GHz〜3.2GHz / 三次キャッシュ 4MB)

第10世代 Core i5(クアッドコア1.1GHz〜3.5GHz / 三次キャッシュ 6MB)

グラフィックス Intel UHD Graphics 617 Intel Iris Plus Graphics
ストレージ 128㎇・256㎇ 256㎇・512㎇
メモリ LPDDR3 2133MHz 8GB LPDDR4X 3,733MHz 8GB
ディスプレイ 13.3インチ LEDバックライト Retinaディスプレイ 13.3インチ LEDバックライト Retinaディスプレイ
カメラ 720p FaceTime HDカメラ 720p FaceTime HDカメラ
キーボード バタフライキーボード マジックキーボード
バッテリー インターネット 最大12時間
ムービー再生 最大13時間
インターネット 最大11時間
ムービー再生 最大12時間
外部接続 Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2

3.5 mm ミニジャック

Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2

3.5mmヘッドフォンジャック

ワイヤレス IEEE 802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth 4.2

802.11ac Wi-Fi
IEEE 802.11a/b/g/nBluetooth 5.0
認証 Touch ID Touch ID
外形寸法
重量
高さ 0.41 ~ 1.56 cm
幅 30.41 cm
奥行き 21.24 cm
重量 1.25 kg
 

高さ 0.41~1.61 cm
幅 30.41 cm
奥行き 21.24 cm
重量1.29 kg

 

かなりスペックアップしたように思います。

 

広告

 

CPUは前モデルは2コア(第8世代 Core i5 8210Y)しかなかったのに対して今回の新型は2コア(10世代 Core i3)以外に4コア(第10世代 Core i5)も選べます。

オプションでは第10世代の1.2GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサへの選択が可能です。

Core i7にするとCPUの能力が前のモデルに比べると2倍近くなり、

内蔵グラフィックスは「Intel UHD Graphics 617」から「Intel Iris Plus Graphics」に変更され、GPUも前の2019年モデルに比べ、最大80%も上がっているそうです。

メモリは、「LPDDR3 2133MHz 8GB」から「LPDDR4X 3,733MHz 8GB」へ変更され、処理速度が上がっています。オプションで16㎇まで増やすことができます。

ストレージは前モデルと比べると2倍になっており、オプションでは2TBまで増やすことができます。

重さは少し重くなったようです。でもそんなには変わらないのかな?

そして、キーボードはバタフライキーボードからマジックキーボードへ変わりました。

キーボードの変更を、待ちわびていた人は、けっこう多いと思います。

マジックキーボードの方が安心感がありますね・・・

 

新型Macbook air標準仕様のお値段は?

¥104,800 (税別)のモデル ¥134,800 (税別)のモデル
1.1GHzデュアルコアCore i3プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
256GBストレージ
Touch ID
True Toneを採用したRetinaディスプレイ
第10世代の1.1GHzデュアルコアIntel Core i3プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
Intel Iris Plus Graphics
8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
256GB SSDストレージ
Magic Keyboard
Touch ID
感圧タッチトラックパッド
Thunderbolt 3ポート x 2
1.1GHzクアッドコアCore i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
512GBストレージ
Touch ID
True Toneを採用したRetinaディスプレイ
第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)
Intel Iris Plus Graphics
8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
512GB SSDストレージ
Magic Keyboard
Touch ID
感圧タッチトラックパッド
Thunderbolt 3ポート x 2

標準仕様は、この二つになります。

前のモデル(標準仕様)と価格を比べると・・

¥119,800(税別)のモデルが¥104,800(税別)になり15,000円安く、

¥139,800(税別)のモデルが¥134,800(税別)になり5000円安くなりました。

CPUの性能も上がりストレージが2倍でこの値下がり、すごくお得だと思います。

¥134,800(税別)のモデルは、¥104,800(税別)に比べると値下がり感が少ないんじゃないかと思うかもしれませんけど、CPUの性能が飛躍的に上がっているので、実はすごくお得です・・・

スペックが高ければ高いほど、やれることが増えますので、

お金に少し余裕があるなら、¥134,800(税別)のモデルの方が、いい気がします。

最後に

今回のMacBook airは前のモデルに比べて、かなりスペックアップしたんじゃないかと思います。

そしてなにより、バタフライキーボードからマジックキーボードになった事は、すごくよかったのではないかと思います。

マジックキーボードになるのを待っていた方はけっこう多いのでは・・・

あとは、少し重くなったのは、気になりますが、全体的にはコスパはいいように思えます。

もし良かったら参考にしてください。

おすすめ記事