PC・その他

CPU性能

Intel Processor N100 の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Processor N100 のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Processor N100 は、価格の安価な低電力仕様のプロセッサです。コードネームは、Alder Lake-Nです。このシリーズは、以前あったノート向けPentiumシリーズとCeleronシリーズの後継で、この二つのシリーズが統合され、一つのシリーズに生まれ変わり、「Intel Processor Nシリーズ」となりました。このプロセッサは、主にノート型パソコン、Mini デスクトップパソコン に使われるプロセッサーです。
CPU性能

【Apple M3 Maxチップ】の“ CPU・GPU ベンチマーク性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Appleが独自に開発している「Apple Silicon」の新しいモデル、「M3 Maxチップ」のCPU & GPUベンチマーク性能について書いていきたいと思います。 #ベンチマークスコア値は「Geekbench」のスコア値です。「M3 Maxチップ」は、M3 Proチップでは物足りない、もっと高いパフォーマンス性能がほしいという人向けに開発されたチップ(SoC)です。製造プロセス3nmを採用し、高いパフォーマンスを発揮し、電力効率が高く、省電性にも優れています。CPU/GPUのコア数やトランジスタ数など、前モデルのM2 Maxチップよりも多く、パフォーマンス性能が向上しています。という事で、気になる「M3 Maxチップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前モデル(M2 Maxチップ)のベンチマーク数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

【Apple M3 Proチップ】の“ CPU・GPU ベンチマーク性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Appleが独自に開発している「Apple Silicon」の新しいモデル、「M3 Proチップ」のCPU & GPUベンチマーク性能について書いていきたいと思います。 #ベンチマークスコア値は「Geekbench」のスコア値です。「M3 Proチップ」は、M3チップでは物足りない、もっと高いパフォーマンス性能がほしいという人向けに開発されたチップ(SoC)です。製造プロセス3nmを採用し、高いパフォーマンスを発揮し、電力効率が高く、省電性にも優れています。ただ、GPUのコア数やトランジスタなど、前モデルのM2 Proチップよりも少ないのが気になります。という事で、気になる「M3 Proチップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前モデル(M2 Proチップ)のベンチマーク数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

【Apple M3チップ】の“ CPU・GPU ベンチマーク性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Appleが独自に開発している「Apple Silicon」の新しいモデル、「M3チップ」のCPU & GPUベンチマーク性能について書いていきたいと思います。 #ベンチマークスコア値は「Geekbench」のスコア値です。「M3チップ」は、製造プロセス3nmを採用し、より多くのトランジスタを少ないスペースに納めることが可能となりました。そのおかげで、「M2チップ」よりも電力効率が高く、パフォーマンス性能もアップしました。性能の高かった「M2チップ」が、さらに進化。という事で「M3チップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前のモデル(M2チップ)のベンチマーク数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

Intel Processor U300 の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Processor U300 のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Processor U300 は、コードネームが、Raptor Lakeなので、Intel 第13世代 Core U シリーズに入るかと思われます。U シリーズの中では、最下位に位置するモデルとなり、性能は今一つという感じです。とは言っても、Intel Core i3-1305U 同様、ベンチマーク(PassMark)では、Intel Core i5-9300Hよりもスコアが高くでているので、性能は、そこまで悪くないかと思います。ベースパワーが15Wと低く、性能よりも省電力性を重視したモデルです。このプロセッサは、主に軽量薄型ノート型パソコンに使われるプロセッサーです。
CPU性能

Intel Core i3-1305U の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core i3-1305Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Core i3-1305Uは、ノート向けIntel 第13世代 Core U シリーズの中では、下位モデルに当たります。とは言っても、ベンチマーク(PassMark)では、Intel Core i5-9300Hよりもスコアが高くでているので、性能は、そこまで悪くないかと思います。コードネームは、Raptor Lake。ベースパワーが15Wと低く、性能よりも省電力性を重視したモデルです。このプロセッサは、主に軽量薄型ノート型パソコンに使われるプロセッサーです。
CPU性能

Intel Core i5-13500HX の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

今回は、Intel Core i5-13500HX のベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Core i5-13500HX は、Pコアに、デスクトップ向け Intel 第13世代 Core シリーズのCPUと同じ、「Raptor Cove」を採用。その結果、消費電力も上がり、ベースパワーが55Wとなりました。HXシリーズは、 ノート向けIntel 第13世代 Core シリーズの中では上位に位置するシリーズで、パワーとパフォーマンス性能が高いのが特徴です。Core i5-13500HXは、主に「クリエイターノートPC」や、「ゲーミングノートPC」のような、高いスペックを必要とするパソコンに多く使われています。
CPU性能

Snapdragon 8cx Gen 3 チップ(SoC)ベンチマークCPU性能&仕様は? 搭載ディバイス機器は?

今回は、Qualcommが開発しているARMベースのチップ(SoC)、Snapdragon 8cx Gen 3のベンチマーク(PassMark & Cinebench  & Geekbench ) 性能を記事にしていきたいと思います。そして、このチップ(SoC)が搭載されている ディバイス機器も紹介していきたいと思います。Snapdragon 8cx Gen 3 は、Qualcommが製造しているPC向けのチップで、たぶん「Snapdragon 8cx Gen 2」の後継に当たるモデル(SoC)です。ちなみに、Snapdragon 8cx Gen 3 は、主に「モバイルノートPC」に使われているモバイルPC向けのチップ(SoC)です。
CPU性能

Snapdragon 7c Gen 2 チップ(SoC)ベンチマークCPU性能&仕様は? 搭載ディバイス機器は?

今回は、Qualcommが開発しているARMベースのチップ(SoC)、Snapdragon 7c Gen 2のベンチマーク(PassMark & Cinebench  & Geekbench & iGPU-FP32) 性能を記事にしていきたいと思います。そして、このチップ(SoC)が搭載されているディバイス機器も紹介していきたいと思います。Snapdragon 7c Gen 2 は、Qualcommが製造しているPC向けのチップです。価格が安価で手軽に使えるエントリーモデル、たぶん「Snapdragon 7c」の後継に当たるモデル(SoC)です。ちなみに、Snapdragon 7c Gen 2 は、主にハイエンドな「モバイルノートPC」に使われているモバイルPC向けのチップ(SoC)です。
CPU性能

Snapdragon 8 Gen 2 チップ(SoC)ベンチマークCPU性能&仕様は? 搭載SIMフリー スマートフォンは?

今回は、Qualcommが開発しているARMベースのチップ(SoC)、Snapdragon 8 Gen 2のベンチマーク(Antutu  & Geekbench )性能を記事にしていきたいと思います。そして、このチップ(SoC)が搭載されているSIMフリースマートフォンも紹介していきたいと思います。 Snapdragon 8 Gen 2 は、Qualcommのハイエンドモデルで、たぶん「Snapdragon 8 Gen 1」の後継に当たるモデル(SoC)です。CPUのパフォーマンス性能が約35%、GPUは、約25%ぐらいアップしたらしいです。ちなみに、Snapdragon 8 Gen 2 は、主にハイエンドな「Android スマートフォンやAndroidタブレット」に使われているモバイル端末向けのチップ(SoC)です。