PC・その他

CPU性能

AMD Ryzen 9 7945HX のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 9 7945HXのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 9 7945HXは、下二桁の数字が45で、末尾に「HX」が付いているモデルです。プロセスルールが5nm、開発コード名が Dragon Range となっており、「Zen 4 アーキテクチャ」を採用しています。このモデルは、デスクトップ向けCPUをノート向けPC用に流用したモデルで、かなり高いパフォーマンス性能をもっているモデルです。「Dragon Range シリーズ」の中では上位に位置する性能をもっています。このプロセッサは、主にスペックの高いクリエイターノートPCやゲーミングノートPCに多く使われるプロセッサです。
CPU性能

AMD Ryzen 9 7940HS のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 9 7940HSのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 9 7940HSは、下二桁の数字が40で、末尾に「HS」が付いているモデルです。プロセスルールが4nm、開発コード名が Phoenixとなっており、「Zen 4 アーキテクチャ」を採用しています。かなり高いパフォーマンス性能をもっているモデルです。「Phoenix シリーズ」の中では上位に位置する性能をもっています。このプロセッサは、主にクリエイターノートPCやゲーミングノートPCに多く使われるプロセッサです。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7735HS のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7735HSのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 7 7735HSは、下二桁の数字が35で、末尾に「HS」が付いているモデルです。プロセスルールが6nm、開発コード名が Rembrandt-Rとなっており、「Zen 3+アーキテクチャ」を採用しています。それなりの高いパフォーマンス性能をもっています。Rembrandt-Rシリーズの中では上位に位置する性能をもっています。このプロセッサは、主にクリエイターノートPCやゲーミングノートPCに多く使われるプロセッサです。
CPU性能

【Apple M2チップ】の“ベンチマークCPU・GPU性能“ はどれくらい?気になる仕様は?

今回は、Apple 『M2チップ』搭載、Mac book AirとMac Book Proのベンチマーク(Geek bench5)CPU・GPU性能について書いていきたいと思います。「M2チップ」は「M1チップ」の後継にあたり、CPU性能が最大18%、GPU性能は最大35%も向上しています。かなり評価の高かった「M1チップ」からの大幅進化。「今後のAppleシリコンは、どうなってしまうのか?」というくらい「M2チップ」の進化は、すごいと感じました。それでは「M2チップ」のベンチマーク性能は、どれくらいなのかを、前のモデル(M1チップ)の数値といっしょに紹介していきたいと思います。
CPU性能

AMD Ryzen 7 7735U のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 7 7735Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 7 7735Uは、下二桁の数字が35で、末尾に「U」が付いているモデルです。プロセスルールが6nm、開発コード名が Rembrandt-Rとなっており、「Zen 3+アーキテクチャ」を採用しています。Rembrandt-Rシリーズの中では、真ん中よりちょい下ぐらいの性能です。このプロセッサは、主にクリエイターノートPCやゲーミングノートPCに多く使われるプロセッサです。
CPU性能

AMD Ryzen 5 7535U のベンチマーク CPU(APU) 性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、AMD Ryzen 5 7535Uのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。AMD Ryzen 5 7535Uは、下二桁の数字が35で、末尾に「U」が付いているモデルです。プロセスルールが6nm、開発コード名が Rembrandt-Rとなっており、「Zen 3+アーキテクチャ」を採用しています。そこそこのパフォーマンスと省電性を兼ね備えているプロセッサです。Rembrandt-Rシリーズの中では、下から2番目の性能です。このプロセッサは、主にクリエイターノートPCやゲーミングノートPCに使われるプロセッサです。
CPU性能

Intel Core i9-13980HX のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、Intel Core i9-13980HXのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)、CPU性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Core i9-13980HXは、コア数/スレッド数が多く、デスクトップ向けプロセッサのCore i9-12900よりもPassMarkスコアが高いです。なので、重い作業などもいろいろとこなす事が十分できると思います。ちなみに、「第13世代Intel Core i HXシリーズ」の中では、最上位に位置するモデルです。主に「クリエイターノートPC」や、「ゲーミングノートPC」のような、高いスペックを必要とするパソコンに多く使われています。
CPU性能

Intel Core i9-13950HX のベンチマーク CPU性能 & 搭載パソコンは? 特徴や仕様は?

今回は、Intel Core i9-13950HXのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)、CPU性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Core i9-13950HXは、 たぶんCore i9-12950HXの後継にあたるモデルです。性能が高く「第13世代Intel Core i HXシリーズ」の中では、上位クラスに入る実力をもっています。コア数/スレッド数も多いので、デスクトップモデルに近い、高いパフォーマンスが期待できるモデルだと思います。主に「クリエイターノートPC」や、「ゲーミングノートPC」のような、高いスペックを必要とするパソコンに多く使われています。
CPU性能

Intel Core i9-13900HX 搭載パソコンは? ベンチマーク CPU性能 & 気になる仕様は?

今回は、Intel Core i9-13900HXのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)、CPU性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Core i9-13900HXは、 たぶんCore i9-12900HXの後継にあたるモデルです。性能が高く、「第13世代 Intel Core i HXシリーズ」の中では、上位クラスに入るモデルです。 Intel 7(10nmプロセス)アーキテクチャを採用し、開発コード名は「Raptor Lake」と呼ばれています。主に「クリエイターノートPC」や、「ゲーミングノートPC」のような、高いスペックを必要とするパソコンに多く使われています。
CPU性能

Intel Core i7-13700HX 搭載パソコンは? ベンチマーク CPU性能 & 気になる仕様は?

今回は、Intel Core i7-13700HXのベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5)、CPU性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。Intel Core i7-13700HXは、末尾に「HX」が付いているので、末尾が「H / HK」のモデルよりも、さらに消費電力を上げ、パワーとパフォーマンス性能に特化したモデルとなっています。ベースパワーは、55Wとなっています。主に「クリエイターノートPC」や、「ゲーミングノートPC」のような、高いスペックを必要とするパソコンに多く使われています。