※本ページはプロモーションが含まれています

2020年モデルiPad Pro発売!超広角カメラを搭載し2眼カメラになりました!!

PC・その他
災害時やアウトドアに役立つポータブル電源!今がお得に買えるチャンス!
スポンサーリンク
工事不要でネット接続が簡単! お得で安心の大手 WiMAX ブロバイダ会社! おすすめ2選!
ビッグローブ株式会社 《 詳細ページ 》 GMOインターネット株式会社 《 詳細ページ 》

 


3月18日にAppleはいくつかの商品を発表しました。
その中で今回は新しくなったをiPad Proの記事を書いていこうと思います。

iPad Proってどんな商品?

iPad Proは、iPadシリーズの上位機種にあたるタブレットPCです。

特徴は、iPadシリーズの中で最もスペックが高く、画面が大きい事です。

サイズは、11インチと12.9インチで構成されています

そして、アップルペンシル(第2世代)を使用することができます。

アップルペンシル(第2世代)を使用することで、絵を描いたり、字を書きこんだりできるので、イラストや漫画を描くには、適している気がします。

それから、Smart Keyboard Folioを使えば、ノートパソコンに近い感じで使う事ができます。
広告

標準仕様モデルのスペックは?新旧比較

2019年モデル 2020年モデル
チップ Apple A12X Bionic 8コア Apple A12Z Bionic 8コア
GPU 7コア 8コア
メモリ 4GB
6GB・・・1TBモデルのみ
6GB
容量 64/256/512GB/1TB 128/256/512GB/1TB
カメラ 12MP広角カメラ 12MP広角カメラと10MP超広角カメラ
フロントカメラ TrueDepthカメラ TrueDepthカメラ
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(30fpsまたは60fps) 4Kビデオ撮影(広角:24fps、30fpsまたは60fps、超広角:60fps)
キーボード Smart Keyboard Folio Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Apple Pencil Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil(第2世代)
通信方式 Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大866Mbpsの速度、MIMO
Bluetooth 5.0テクノロジー
Wi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/​​ac/ax)、2.4GHz/5GHz、同時デュアルバンド、最大1.2Gbpsの速度、MIMO
Bluetooth 5.0テクノロジー
ディスプレイ Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載対角)LEDバックライトMulti‑Touchディスプレイ
2,388 x 1,668ピクセル解像度(11インチ)2,732 x 2,048ピクセル解像度(12インチ)
264ppi
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
600ニトの輝度
Liquid Retinaディスプレイ
IPSテクノロジー搭載対角)LEDバックライトMulti‑Touchディスプレイ
2,388 x 1,668ピクセル解像度(11インチ)2,732 x 2,048ピクセル解像度(12インチ)
264ppi
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
600ニトの輝度
認証 Face ID

TrueDepthカメラによる顔認識の有効化

Face ID

TrueDepthカメラによる顔認識の有効化

外部接続端子 USB-C USB-C
バッテリー Wi-Fi利用:最大10時間

携帯電話データネットワーク:最大9時間

Wi-Fi利用:最大10時間

携帯電話データネットワーク利用:最大9時間

電源 18W USB-C電源アダプタ 18W USB-C電源アダプタ
サイズ・重量 11インチ・・247.6mm(縦)×178.5mm(横)×5.9mm(厚)

12.9インチ・・280.6mm(縦)×214.9mm(横)×5.9mm(厚)

12.9インチ・・631g~633g
11インチ・・468g

11インチ・・247.6mm(縦)×178.5mm(横)×5.9mm(厚)

12.9インチ・・280.6mm(縦)×214.9mm(横)×5.9mm(厚)

12.9インチ~・・641g~643g
11インチ・・471g~473g

スペックが少し、上がったぐらいですかね・・・

CPUは、Apple A12X Bionic 8コアからApple A12Z Bionic 8コア変更されました。

同じA12シリーズということなので、飛躍的に性能が上がっているということはなさそうです。

少し、性能が上がったぐらいかと、思います。

GPUは7コアから8コアへ変更され、コア数が一つ増えました。

これも、少し性能が上がったぐらいだと思います。

容量は、一番低いモデルが、64㎇~128㎇へ変更され、値段も安くなり、「なるべく価格を抑えたい、でも64㎇では、ちょっと不安」という人にも、購入しやすくなったと思います。

カメラは、超広角カメラが加わり二眼になり、LiDARスキャナも搭載し、性能がアップ・・・

従来よりも、超広角カメラ(10MP)を搭載する事により、視野角の範囲が、かなり増え、広範囲を写せるようになりました。

LiDARスキャナとは、光を飛ばして、光が対象物に到達し反射して戻ってくるまでの時間を測定し距離を出す技術らしいです。

より正確な空間認識をするために使われる技術だと思います。

通信方式は最新の規格,Wi-Fi6に対応しています。

Wi-Fi6は、今までのWi-Fiの企画と比べて4倍速いらしいです。

重さは、12.9インチが各10gぐらい、11インチが3~5gぐらい重くなっています。

キーボード(アクセサリー)は、今あるSmart Keyboard Folioのほかに、新しく発売されるMagic Keyboardが使えます。

トラックパッドが使えるようになり、よりノートパソコンに近い存在になると思います。ただ、お値段が11インチモデルが¥31,800 (税別)、12.9インチモデルが¥37,800 (税別)と、けっこう高い・・・・

広告

お値段は?

 

11インチモデル

2018年モデル 2020年モデル 差額
64㎇から128㎇へ Wi-Fiモデル89,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル106,800円(税別)

Wi-Fiモデル84,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル101,800円(税別)

5,000円
256㎇ Wi-Fiモデル106,800(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル123,800円(税別)

Wi-Fiモデル95,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル112,800円(税別)

11,000円
512㎇ Wi-Fiモデル128,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル145,800円(税別)

Wi-Fiモデル117,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル134,800円(税別)

11,000円
1TB Wi-Fiモデル150,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル167,800円(税別)

Wi-Fiモデル139,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル156,800円(税別)

11,000円

 

12.9インチモデル

2018年モデル 2020年モデル 差額
64㎇から128㎇へ Wi-Fiモデル111,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル128,800円(税別)

Wi-Fiモデル104,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル121,800円(税別)

7,000円
256㎇ Wi-Fiモデル128,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル145,800円(税別)

Wi-Fiモデル115,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル132,800円(税別)

13,000円
512㎇ Wi-Fiモデル150,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル167,800円(税別)

Wi-Fiモデル137,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル154,800円(税別)

13,000円
1TB Wi-Fiモデル172,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル189,800円(税別)

Wi-Fiモデル159,800円(税別)

Wi-Fi + Cellularモデル176,800円(税別)

13,000円

11インチモデルは、一番安いモデルが5,000円、その他は11,000円、2020年モデルの方が安くなっています。

12インチモデルは、一番安いモデルが7,000円、その他は13000円、2020年モデルの方が安くなっています。

前のモデルと比べると、全体的に価格はさがっています。

特に一番安いモデルは、容量が2倍になっているのにも関わらず、11インチモデルで5,000円、12インチモデルで7,000円安くなっているので、スペックがあまり上がっていなくても、この内容だったら、けっこうお買い得な気がします。

最後に

今回は、2018年モデルの時みたく飛躍的にスペックは上がらなかったみたいです。

2020年モデルを簡単にまとめてみると、

  • チップが「Apple A12X Bionic 8コア」が「Apple A12Z Bionic 8コア」になり、GPUが7コアから8コアになる。
  • メモリがすべて6㎇になる。
  • 下位モデル容量が64㎇から128㎇へ
  • 超広角カメラ搭載することにより、1眼から2眼になりました。その他にもTrue Toneフラッシュ、LiDARスキャナ、
  • Wi-Fi6に対応

こんな感じですかね・・・

前のモデルが飛躍しすぎたので物足りないかもしれないけど、値段が前のモデルより安いから、これはこれで買いかも・・・

それから、キーボード(アクセサリー)のMagic Keyboardは気になりますね。なにしろトラックパッド付きですからね・・・

あと、これは噂なんですけど、iPad Proは今年の秋ごろにも5Gに対応したモデルがでるという噂があります・・・

チップもA12からA14になるとか・・・

でもあくまでもネットの噂なのでどこまで本当かは、わからないですけどね・・・

今回のモデルチェンジは、比較的に値段が下がったので、買いやすくなったのではないかと思います。

人によって違いますけど、私は、スペックがこれだけあれば充分な気がします・・・

もし良かったら参考にしてください。

広告

おすすめ記事