※本ページはプロモーションが含まれています

Intel Celeron N4500 の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

CPU性能
スポンサーリンク
工事不要でネット接続が簡単! お得で安心の大手 WiMAX ブロバイダ会社! おすすめ2選!
ビッグローブ株式会社 《 詳細ページ 》 GMOインターネット株式会社 《 詳細ページ 》

 

 

初めに・・・

今回は、Intel Celeron N4500ベンチマーク(PassMark・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。

Celeron N4500は、性能は今一つですが、価格の安いパソコンに多く使用されているプロセッサです。このCPUが搭載されているパソコンは、かなり、お財布に優しいパソコン多いです。

このCPUは、あくまでも性能よりも安価で価格重視、そんな性能をあまり必要としない人向けのCPUです。

 

Intel Celeron N4500の仕様

CPU Celeron N4500
開発コード名 Jasper Lake
コア数/スレッド数 2コア/2スレッド
基本クロック周波数 1.1GHz
最大クロック周波数 2.8GHz
キャッシュ 4MB 
TDP
6W
製造プロセス
10nm
内蔵グラフィックス 
Intel UHDグラフィックス
グラフィックス基本周波数
350MHz
グラフィックス最大周波数
750MHz

 

Intel Celeron N4500について

Intel Celeron N4500は、TDPが6W、プロセスが10nmと、省電力性に長けています。性能よりも価格を安く抑えた安価な商品なので、CPU性能は、あまり期待できません。グラフィックス性能に関しても、けっこう低く、動画の編集とかは、かなり厳しいと思います。

Celeron N4500は、コア数/スレッド数は2コア/2スレッドとなっています。基本クロック周波数が1.1GHz、最大(ブースト)クロック周波数が2.8GHzと、それほど高くはありません。

ネットの閲覧やブログを書いたり、Officeなどの文章作成みたいな、比較的軽めの作業なら、まあまあ使えるといった感じです。しかし、負荷がかかる重い作業に関しては、かなり厳しい感じです。日常生活に使う分には、まあまあ使えるCPUで、価格が安いので、コスパは良いと思います。

このCPUの内蔵グラフィックスは「Intel UHDグラフィックス」が内蔵されています。この内蔵グラフィックスは、グラフィックス基本周波数が 350MHz、グラフィックス最大周波数が 750MHzです。

写真や映像関係の編集ソフト、ゲームなどの、高負荷のかかる作業は、かなり難しいです。なので、グラフィックス性能はあまり期待しない方が良いと思います。

このCPUは、ネットの閲覧やブログを書いたり文章作成など、軽めの作業を目的とした性能をあまり必要としない作業をする人向けのCPUです。


 

Intel Celeron Nシリーズとは

Intelから発売されている「Celeronシリーズ」は、「Pentiumシリーズ」の下に位置するシリーズです。Intelが開発している低価格で性能の低いローエンドモバイル向けCPU「Celeron Nシリーズ」は、「ATOMシリーズ」の後継に当たるそうです。「ATOMシリーズ」といえば、タブレット端末向けに開発されていたCPUです。なので、性能よりも省電力性と低価格を重視したモデルで、主に値段の安いノート型パソコンに多く使われているCPUです。

 

「Intel Celeron N4500」のベンチマーク

#この記事の全てのベンチマークスコアは、パソコン等によって数値が違ってきます。測定には RAM も含まれるので、メモリの種類によっては、結果が大きく変わります。なので、この記事の全てのベンチマークスコアは、あくまでも目安として参考にしてみてください・・・

PassMark

CPU マルチスコア
 Intel Celeron N4500 2049

 

【PassMark】比較表(マルチスコア)

CPU ベンチマーク(Passmark)
Intel Core i7-4500U 2523
Intel Celeron N5100 2484
Intel  Core i3-5010U 2169
 Intel Celeron N4500 2049
AMD  A10-4600M 2018
AMD  A8-5550M 1973
Intel  Core i3-4000M 1840

 

Geekbench 5

CPU シングルスコア マルチスコア
Celeron N4500 584 1068

 

【Geekbench 5】比較表(マルチスコアの高い順)

CPU シングルスコア マルチスコア
Intel Core i5 6260U 693 1560
Intel Core i7 4500U 619 1277
Intel Celeron N4100 384 1146
 Intel Celeron N4500 584 1068
Intel  Core i3 5010U 473 1059
AMD  A10-4600M 376 985
AMD  A8-5550M 331 878
 

商品紹介

【 Intel Celeron N4500 】搭載 ノート型パソコン

↗️ HP(ヒューレット・パッカード)   ノートPC   (HP 15s-fq3000)   ピュアホワイト《54H87PA-AAAA》 ●仕様【15.6型(1920×1080)/Celeron N4500/メモリ:4GB/SSD:128GB/Windows 11 S/約1.6kg/最長約7.5時間】

《特徴》15.6型(1920×1080)ノートPCを、よりコンパクトに・・・。ハードディスクと光学ドライブを省いたとで本体サイズがコンパクトになりました。従来モデルよりも薄く軽くなり、ディスプレイにナローベゼルを採用したことで、14型ノートPCに近い接地面積を可能にしました。

 

↗️ ASUS(エイスース)   2 in 1ノートPC   (B1100FKA)   ダークグレー 《B1100FKA-BP1353XA/A》 ●仕様【11.6型 (1366×768) / Celeron N4500 / メモリ:4GB / emmc:128GB / Windows 11 Pro / 約1.4kg / 最長約10.7時間】

《特徴》小さい お子様におすすめ! ヒンジが360°自在に動きます。360°いっぱいに開いてタブレットスタイルでテストを受けたり、テント スタイルで勉強や採点を行うこともできます。さらに、ノートパソコンスタイルに切り替えてレポート作成など、学習用途に合わせて使い方は自由自在です。スタイラスペン(ASUSPen)付属しています。

 

↗️ ASUS(エイスース)   ノートPC   (E210KA)   ドリーミーホワイト 《E210KA-GJ02WWS》 ●仕様【11.6型 (1366×768)/Celeron N4500/メモリ:4GB/emmc:128GB/Windows 11 S/Microsoft 365 Personal/約1.088kg/最長約9.2時間】

《特徴》コンパクト本体にフルサイズキーボードを搭載! 打鍵間のある心地よいキーストロークと適度なキーの間隔が最適なタイピング環境を実現します。子供の指でも快適だと思います。Microsoft 365 Personal 搭載モデルです。 

 

↗️ ASUS(エイスース)   ノートPC    (E410KA)    スターブラックメタル  《E410KA-EK207WS》 ●仕様【14型(1920×1080) /Celeron N4500/メモリ:4GB/emmc:128GB/Windows 11 S/Microsoft 365 Personal/約 1.37kg/最長約9.2時間】

《特徴》大きなタッチパッドを採用しているので、マウスがなくてもスムーズな操作ができます。テンキーとしても使用できる独自「NumberPad」を搭載。ワンタッチでテンキーモードに切り替わるので、数字入力も簡単です。Microsoft 365 Personal 搭載モデルです。

 

↗️ ASUS(エイスース)   ノートPC    (E510KA)    スターブラックメタル  《E510KA-BQ304W》 ●仕様【15.6型(1920×1080) / Celeron N4500 / メモリ:4GB / emmc:128GB / Windows 11 S / 約 1.63kg / 最長約9.3時間】

《特徴》キーボードには、キーピッチが広く、打ち心地よいの1.4mmキーストロークを採用。打鍵感もあり快適です。15.6型FHD(1920×1080)の画面には、没入感を生み出す狭額ベゼルを採用してます。YouTubeなどのネット配信動画や映画、ドラマなどの映像コンテンツも楽しめます。ノングレア画面を搭載し、目が疲れにくく、長時間の作業も快適です。

 

【Chromebook】

↗️ HP(ヒューレット・パッカード)  ノートPC(Chromebook)    (HP Chromebook 14a)    シルバー  《‎4K2J2PA-AAAA》 ●仕様【14型(1920×1080) タッチパネル対応 / Celeron N4500 / メモリ:4GB / emmc:64GB / Chrome OS / 約 1.33kg / 最長約10時間】

《特徴》14型タッチパネル対応Chromebook! タッチスクリーンに対応し、非光沢 14.0型FHD(1920×1080)の高解像度画面で、アプリ操作もピンチやスワイプで楽々操作。

 

↗️ ASUS(エイスース)  2 in 1ノートPC(Chromebook)    (Flip CX1 CX1102)    トランスペアレントシルバー  《CX1102FKA-MK0037》 ●仕様【11.6型(1,366×768) /Celeron N4500/メモリ:8GB/emmc:32GB/Chrome OS/約 1.32kg/最長約10.1時間】

《特徴》360°液晶回転可能なフリップスタイル採用! 書類作成、動画視聴など用途に合わせて、自分に使いやすい方法で、そして、タッチパネル搭載で、より直感的に操作できます。 11. 6 型のコンパクト設計 & 堅牢性で、持ち運びに便利です。

 

↗️ ASUS(エイスース)  ノートPC(Chromebook)    【CX1 (CX1500)】    トランスペアレントシルバー  《CX1500CKA-EJ0015》 ●仕様【15.6型(1,920×1080) /Celeron N4500/メモリ:4GB/emmc:64GB/Chrome OS/約 1.8kg/最長約11時間】

《特徴》見やすくて使いやすい15.6型ディスプレイ採用! 180°フラットヒンジを採用し、周りの人との共有作業にも役立ちます。1.4mmキーストローク(人間工学に基づいた設計) の打ちやすいキーボードで、長時間のタイピングに伴う疲れも軽減してくれます。

 

【 Intel Celeron N4500 】搭載 タブレット

↗️ 富士通   タブレット    (arrows Tab)    スターブラックメタル  《QHシリーズ AZ_WQ2F3_Z014》 ●仕様【10.1型(1920×1200) タッチ・デジタイザ対応/Celeron N4500/メモリ:4GB/フラッシュメモリ:約128GB/Windows 11 Pro/タブレット単体:約610g/最長約13時間】

 

 

【 Intel Celeron N4500 】搭載 デスクトップ型パソコン

↗️ ECS(イーシーエス)   小型デスクトップPC   (LIVAZ3-4/64-W11Pro(N4500))   ブラック《LIVAZ3464W11PN4500》 ●仕様【モニター無し/Celeron N4500/メモリ:4GB/emmc:64GB/Windows 11 Pro/約459g】

《特徴》4K/60fpsの映像出力に対応するHDMI 2.0、mini-DPを搭載しています。さらに、Wi-Fi 6にも対応しています。

 

今、販売されている『ノート型パソコン』の売れ筋ランキング をチェック!

CPUの種類に関係なく、今、販売されている全ての「ノート型パソコン」の中で、どの機種が一番売れているのか気になりませんか??? 気になる方は、下の欄からどうぞ・・・

🟠【Amazon】ノート型パソコン売れ筋ランキング

🟡【楽天市場】ノート型パソコン売れ筋ランキング

🟢【Yahooショッピング】ノート型パソコン売れ筋ランキング