※本ページはプロモーションが含まれています

Intel Core i7-1280P の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

CPU性能
スポンサーリンク
工事不要でネット接続が簡単! しかも、お得がいっぱい! WiMAX おすすめ ブロバイダ会社 2選
ビッグローブ株式会社 《 詳細ページ 》 GMOインターネット株式会社 《 詳細ページ 》
 
 
初めに・・・

今回は、Intel Core i7-1280Pのベンチマーク(PassMark・Geekbench 5)性能を記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。

Intel Core i7-1280Pはコア数/スレッド数が14コア/20スレッドとなっており、前の世代(同クラス)のモデルと比べてみると、コア数/スレッド数が大幅に増えている事がわかります。当然、処理能力が格段に上がり、性能が大きく引き上げられ、前の世代(同クラス)の性能を大幅に超えています・・・  

すごく魅力的なプロセッサーですね。

こちらのCPU「Intel Core i7-1280P」は、主にノート型パソコンに、多く使用されています。

 

Intel Core i7-1280Pの仕様

CPU (商品名) Intel Core i7-1280P
コードネーム / プロセス Alder Lake / Intel 7 (10nm)
Pコア (Performance−Cores) / Eコア (Efficient–Cores) 6コア / 8コア
コア数合計 (Pコア + Eコア) 14コア
スレッド数 20スレッド
【Pコア】基本クロック周波数 / 最大クロック周波数 1.8GHz(定格) / 4.8GHz(ターボ・ブースト作動時)
【Eコア】基本クロック周波数 / 最大クロック周波数 1.3GHz(定格) / 3.6GHz(ターボ・ブースト作動時)
キャッシュ 24MB
最大温度 100℃
最小パワー / ベースパワー / 最大パワー 20W / 28W / 64W 
内蔵グラフィックス (グラフィックス最大動的周波数) Intel Iris Xe Graphics (1.45GHz)

 

Intel Core i7-1280Pについて

Intel Core i7-1280Pは「第12世代Core i Pシリーズ」の中では、上位モデルの位置付けとなっているプロセッサーで、開発コード名は「Alder Lake-P」と言われています。

コア数/スレッド数が14コア/20スレッドと、前世代(第11世代同クラス)よりもコア数/スレッド数が、大幅に増えました。その結果、処理能力が格段に上がり、マルチ性能が大きく引き上げられています。「インテル12世代Core i Pシリーズ」は、今まで以上に高いパフォーマンスが期待できそうです・・・

「Intel 12世代Core i Pシリーズ」は、Pコア(高性能コア)とEコア(省電力性コア)の2つを組み合わせて作られています。Intel Core i7-1280Pの場合は、Pコアが6コア、Eコアが8コアの組み合わせとなり、計14コアとなります。さらにスレッド数も、20スレッドと多く、マルチスレッド性能も、かなり優秀です。さらに、Pコア最大クロック周波数が4.8GHzとなり、これはノート型パソコン向けのプロセッサにしては高い方で、今まで以上にパワフルなパフォーマンスが、可能になると思います。

Intel Core i7-1280Pは、パワフルで高い演算能力を発揮する事ができ、日常生活の使用は、もちろんの事、様々なクリエイターなど、ビジネス用途における幅広い分野での活躍が期待できそうです。さらに、外付けグラフィックボードが搭載されていれば、写真編集や動画編集、そしてゲームにも、おおよそ適しています。大体の作業は、なんなくこなす事ができる優秀なCPUだと思います。
#(搭載される外付けグラフィックボードは種類によって性能が違い、できる内容も変わっていきます)

ちなみに、Intel Core i7-1280Pに搭載されている内蔵GPUは、「Intel Iris Xe Graphics」です。

 

「第12世代 Intel Core iシリーズ」の性能を表す数字&アルファベットの部分

Intelから発売しているIntel Core iシリーズは、「Core i9」「Core i7」「Core i5」「Core i3」の計4種類あります。数字の部分は小さい数字から大きい数字にかけて性能が良くなっていきます。例えば、数字の小さい「Core i3」は、性能よりも値段が安いコスパ重視、逆に数字の大きい「Core i9」は、値段よりも性能が高いスペック重視ということになります。

 

#ノート型PC向け、インテル12世代CPUに使われている末尾のアルファベットの見方

末尾が「H」 末尾が「P」のモデルよりも、消費電力を上げ、省電力性よりもパワーとパフォーマンス性能を優先したモデルです。主にクリエイターPCやゲーミングPCに、多く搭載されるプロセッサーです。
末尾が「P」 省電力性と性能のバランスを考えたモデルです。主に、スタンダードノートPCに多く搭載されるプロセッサーです。
末尾が「U」 末尾が「P」のモデルよりも消費電力を抑え、性能よりも省電力性を重視したモデルです。主に、タブレットPCや薄型で軽いノートPCに多く搭載されるプロセッサーです。

 

「Intel Core i7-1260P」のベンチマーク

#この記事の全てのベンチマークスコアは、パソコン等によって数値が違ってきます。測定には RAM も含まれるので、メモリの種類によっては、結果が大きく変わります。なので、この記事の全てのベンチマークスコアは、あくまでも目安として参考にしてみてください・・・

PassMark

CPU マルチスコア
Intel Core i7-1280P 19452

 

【PassMark】比較表(マルチスコア)

CPU マルチスコア
AMD Ryzen 5 5600 21630
Intel Core i9- 10900F 21004
AMD Ryzen 7 5800HS 20708
Intel Core i9- 9900KS 19665
Intel Core i7-1280P 19452
AMD Ryzen 5 5600GE 18931
Intel Core i5- 11400F 17619
AMD Ryzen 7 5700U 17225

 

Geekbench 5

CPU シングルスコア マルチスコア
Intel Core i7-1280P 1608 10723

 

【Geekbench 5】比較表(マルチスコアの高い順)

CPU シングルスコア マルチスコア
AMD EPYC 7702P 822 13751
Intel Core i9-9920X 1124 12135
Intel Core i9-10900K 1401 10837
Intel Core i7-1280P
1608 10723
 Intel Xeon E5-2695 v4 702 10103
 Intel Core i9-10910 1346 9650
AMD Ryzen 7 3800X 1311 9023
 

商品紹介

Intel Core i7-1280P】搭載ノート型パソコン

↗️ Lenovo(レノボ)  ノートPC   (Lenovo Yoga Slim 970i)  オートミール 《82T00033JP》 ●仕様【有機EL 14.0型(3840×2400) マルチタッチ対応/Core i7-1280P/メモリ:16GB/SSD:1TB/Windows 11 Pro/約1.37kg/最長約12.2時間】

《特徴》Lenovoのテクノロジーによる快適な作業性と効率性を実現! 「Lenovo Al Core2.0チップ」がLenovo Al Engine+ を強化し、自動的にパフォーマンスを向上させたり、バッテリー駆動時間を最適化することもできます。そして、FHDウェブカメラはクリアな映像を、eプライバシーシャッターは、プライバシーを保護してくれます。

 

↗️ MSI ノートPC マットホワイト《PRESTIGE-13-A12M-079JP》 ●仕様【13.3型(1920×1200)/Core i7-1280P/ メモリ:16GB/SSD:512GB/Windows 11 Pro/約990g/最長約21時間】

《特徴》自動車部品などにも採用されるマグネシウム合金を本体に採用しています。本体重量約990gの軽さに加え、MIL規格に準拠した安心の耐久性を兼ね備え、いつでもどこにでも気軽に持ち運ぶことが出来ます。

 

↗️ MSI ノートPC マットホワイト《Prestige-13Evo-A12M-075JP》 ●仕様【13.3型(1920×1200)/Core i7-1280P/ メモリ:32GB/SSD:1TB/Windows 11 Pro/約990g/最長約21時間】

《特徴》自動車部品などにも採用されるマグネシウム合金を本体に採用しています。本体重量約990gの軽さに加え、MIL規格に準拠した安心の耐久性を兼ね備え、いつでもどこにでも気軽に持ち運ぶことが出来ます。

 

↗️ MSI ビジネスノートPC 《Summit-E13FlipEv o-A12MT-037JP》 ●仕様【13.4型(1920×1200)ペンタッチ対応/Core i7-1280P/メモリ:32GB/SSD:512GB/Windows 11 Pro/Office Home&Business 2021/約1.35kg/最長約12時間】

《特徴》4,096段階の筆圧感知に対応、MSI独自開発のアクティブスタイラス「MSI Pen」が付属。スタイラスペンや指タッチなどで、直感的な操作ができます。インスピレーションをそのままに作業を効率化。幅広い用途に対応したディスプレイ。MIL規格準拠で高い耐久性を確保。大容量32GBメモリを標準搭載モデル。

 

↗️ MSI ビジネスノートPC 《Summit-E14FlipEvo-A12MT-006JP》 ●仕様【14型(2880×1800)ペンタッチ対応/Core i7-1280P/ メモリ:16GB/SSD:512GB/Windows 11 Pro/約1.6kg】

《特徴》14型QWXGA+(2,880×1,800)高精細液晶パネル採用。4,096段階の筆圧感知に対応、MSI独自開発のアクティブスタイラス「MSI Pen」が付属。スタイラスペンや指タッチなどで、直感的な操作ができます。インスピレーションをそのままに作業を効率化。幅広い用途に対応したディスプレイ。MIL規格準拠で高い耐久性を確保。

 

↗️ MSI ゲーミングノートPC 《PRESTIGE14-A12SC-239JP》 ●仕様【14型(1920×1080)/Core i7-1280P/ メモリ:16GB/SSD:512GB/NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Qデザイン/Windows 11/約1.29kg/最長約7時間】

《特徴》Hi-Res対応ヘッドセットやイヤホンを接続すれば、Hi-Resオーディオでの音楽を楽しめます。美しい映像 表示を実現する14型高精細フルHD液晶パネルを搭載。NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Qデザイン搭載モデルです。

 

↗️ MSI クリエイターノートPC 《PRESTIGE15-A12UC-095JP》 ●仕様【15.6型(1920×1080)/Core i7-1280P/ メモリ:32GB/SSD:512GB/NVIDIA GeForce RTX 3050/Windows 11/約1.69kg/最長約9時間】

《特徴》クリエイター必見。大容量32GBメモリを標準搭載。sRGB相当の広い色域を持ち、ディスプレイには、美しい映像表示可能な狭額縁15.6型高精細フルHD液晶パネルを搭載。NVIDIA GeForce RTX 3050搭載モデルです。

 

↗️ MSI クリエイターノートPC 《Prestige-15-A12UC-236JP》 ●仕様【15.6型(1920×1080)/Core i7-1280P/ メモリ:16GB/SSD:512GB/NVIDIA GeForce RTX 3050 /Windows 11 /約1.69kg/最長約9時間】

《特徴》デスクトップPCレベルの高い処理性能をもっているのに薄型かつ重量約1.69kg軽量な本体。FHD広色域液晶パネルに豊富な機能を備えたノートPC。いろいろなソフトがサクサク動くハイスペックな性能は快適です。NVIDIA GeForce RTX 3050 搭載モデルです。

 

今、販売されている『ノート型パソコン』の売れ筋ランキング をチェック!

CPUの種類に関係なく、今、販売されている全ての「ノート型パソコン」の中で、どの機種が一番売れているのか気になりませんか??? 気になる方は、下の欄からどうぞ・・・

🟠【Amazon】ノート型パソコン売れ筋ランキング

🟡【楽天市場】ノート型パソコン売れ筋ランキング

🟢【Yahooショッピング】ノート型パソコン売れ筋ランキング

 

 

「もしよかったら、こちらの記事もどうぞ」

2022年【評判が良い】ICレコーダーおすすめ9選#授業や仕事(会議中こっそり)で役立つ必需品

2022年【評判が良い】パソコン周辺機器おすすめ7選#より良い製品で在宅ワーク