※本ページはプロモーションが含まれています

Intel Core i9-11900Kの“ベンチマークCPU性能”はどれくらい?気になる仕様は?

CPU性能
スポンサーリンク
工事不要でネット接続が簡単! お得で安心の大手 WiMAX ブロバイダ会社! おすすめ2選!
ビッグローブ株式会社 《 詳細ページ 》 GMOインターネット株式会社 《 詳細ページ 》

 

 

初めに・・・

今回は、Intel Core i9-11900Kのベンチマーク(PassMark・Geekbench 5)CPU性能について書いていきたいと思います。

このCPUの性能は、第11世代Intelデスクトップ向けCPUの中では、上位クラスに入るプロセッサーで、殆どの事は、このCPUで事足ります。ベンチマーク性能(Passmark)スコアは、なかなか高く、性能に関しては、かなり優秀だと思います。そして、この末尾にKが付いたモデルは、オーバークロックに対応したモデルです。基本の動作クロック周波数も「無印」より高いので、オーバークロックが発動しなくても、基本性能の高いプロセッサーです。CPU BOX(本体)参考価格は、約5万8000円〜8万9000円程度となっています。けっこう良いお値段しまね。

Intel Core i9-11900Kは、主にデスクトップ型パソコンに多く使われているCPUです。

 

Intel Core i9-11900Kの仕様

CPU (商品名) Intel Core i9-11900K
コードネーム / プロセス Rocket Lake / 14nm
コア数 / スレッド数 8コア / 16スレッド
基本クロック周波数 3.5GHz
ターボ・ブースト2.0 / ターボ・ブースト・マックス3.0 5.1GHz / 5.2GHz
最大クロック周波数《Thermal Velocity Boost》 5.3GHz
キャッシュ 16MB
 Intel Thermal Velocity Boost(制限温度) 70℃
最大温度 100℃
TDP 125W
コンフィグラブル TDP-down / TDP-down(周波数) 95W / 3.0GHz
内蔵グラフィックス Intel UHD Graphics 750
グラフィックス(ベース動作周波数 / 最大動的周波数) 350MHz(ベース) / 1.3GHz(最大)

 

Intel Core i9-11900Kについて

Intel Core i9-11900Kは、デスクトップ型PC向けに多く使われているプロセッサーです。このモデルは、この末尾にKが付いたモデルは、オーバークロックに対応したモデルです。基本の動作クロック周波数も「無印」より高いので、オーバークロックが発動しなくても、基本性能の高いプロセッサーです。CPU BOX(本体)参考価格は、約5万8000円〜8万9000円程度となります。

ちなみに、Core i9-10900Kの後継にあたるモデルとなっています。

Core i9-11900Kの性能は、第11世代Intelデスクトップ向けCPUの中では、上位クラスに入るプロセッサーで、殆どの事は、このCPUで事足ります。このプロセッサーは、基本クロック周波数が3.5GHz、最大クロック周波数(Thermal Velocity Boost)が5.3GHz、TDPが125Wとなっています。

Intel Core i9-11900Kは、プロセスが14nm、コア数/スレッド数が8コア/16スレッドと、前世代(Core i9-10900K)のモデルと比べて、コア数10→8/スレッド数20→16となり減っています。ただ、CPUコアは改良され「Cypress Cove」を採用した事で、IPCが約19%ぐらい改善しているみたいです。そして、メモリクロックが、DDR4-2933からDDR4-3200へと進化し、内蔵グラフィックスが「Intel UHD Graphics630」から「Intel UHD Graphics750」となり、GPU性能も約1.5倍ぐらい向上しています。開発コード名は「Rocket Lake」です。さらに、vProプラットフォーム&Trusted Execution Technologyが採用されています。

Intel Core i9-11900Kは、日常生活で使うぶんには、十分すぎるプロセッサーです。様々なビジネス用途における幅広い分野でも、十分すぎる程、活躍する事ができると思います。さらにグラフィックボードがあれば、写真編集や動画編集、そしてゲームにも対応できる性能は持ち合わせていると思います。ただし、高負荷がかかる作業や、たくさん性能を必要とするプロのクリエイターが作るような凝った動画編集や写真編集、さらに、高画質のオンラインゲームとかを、より快適に、そして、より効率を求めたい方は、さらに性能の高いプロセッサーの方が良いと思います。

#(搭載される外付けグラフィックボードは種類によって性能が違い、できる内容も変わっていきます)

 

第11世代「Intel Core iシリーズ」の性能を表す数字&アルファベットの部分

Intelから発売しているIntel Core iシリーズは、「Core i9」「Core i7」「Core i5」「Core i3」の計4種類あります。数字の部分は小さい数字から大きい数字にかけて性能が良くなっていきます。例えば、数字の小さい「Core i3」は、性能よりも値段が安いコスパ重視、逆に数字の大きい「Core i9」は、値段よりも性能が高いスペック重視ということになります。

 

#デスクトップ型PC向け、インテル11世代CPUに使われている末尾のアルファベットの見方

末尾が「無印」 デスクトップ型PCのエントリーモデル、シリーズのベースとなる通常版CPUです。
末尾が「K」 オーバークロックに対応したモデルです。基本の動作クロック周波数も「無印」より高いので、オーバークロックが発動しなくても、基本性能の高いプロセッサーです。
末尾が「KF」 内蔵GPUを無効化しているのでグラフィックボードが必要。このモデルは、オーバークロックにも対応したモデルです。
末尾が「F」 内蔵GPUを無効化したモデルです。グラフィックボードが必要。
末尾が「T」 デスクトップ型PC向けの、消費電力を抑えた省電力性能の高いモデルです。「無印」モデルよりも、動作クロック周波数が低く抑えたモデルです。その結果、性能も低い。

 

【Intel Core i9-11900K】のベンチマーク

#この記事の全てのベンチマークスコアは、パソコン等によって数値が違ってきます。測定には RAM も含まれるので、メモリの種類によっては、結果が大きく変わります。なので、この記事の全てのベンチマークスコアは、あくまでも目安として参考にしてみてください・・・

 PassMark

CPU Passmark(マルチスコア)
Intel Core i9-11900K 26045

 

【PassMark】比較表(マルチスコア)

CPU マルチスコア
Intel Core i5-12600K 27950
AMD Ryzen 7 5700X   27613
AMD Ryzen 7 PRO 5750G 26136
Intel Core i9-11900K 26045
Intel Core i7-12650H 25168
Intel Core i7-11700K 24711
AMD Ryzen 9 5980HX 23527

 

Geekbench 5

CPU シングルスコア マルチスコア
 Intel Core i9-11900K 1757 11205

 

【Geekbench 5】比較表(マルチスコアの高い順)

CPU シングルスコア マルチスコア
AMD EPYC 7702P 822 13751
Intel Core i9-9920X 1124 12135
Intel  Core i9-7920X 1121 11892
Intel Core i9-11900K
1757 11205
AMD Ryzen 7-5700G 1552 10122
 Intel Xeon E5-2690 v4 833 9740
AMD Ryzen7 3800XT 1351 9169
 

商品紹介

【 Intel Core i9-11900K 】 CPU

 

今、販売されている『デスクトップ型パソコン』の売れ筋ランキング をチェック!

CPUの種類に関係なく、今、販売されている全ての「デスクトップ型パソコン」の中で、どの機種が一番売れているのか気になりませんか??? 気になる方は、下の欄からどうぞ・・・

🟠【Amazon】デスクトップ型パソコン売れ筋ランキング

🟡【楽天市場】デスクトップ型パソコン売れ筋ランキング

🟢【Yahooショッピング】デスクトップ型パソコン売れ筋ランキング

 

 

「もしよかったら、こちらの記事もどうぞ」

【2022年】Chromebook おすすめ 8選!「評価が高い」商品だけを集めてみました!

2022年【評判が良い】ICレコーダーおすすめ9選#授業や仕事(会議中こっそり)で役立つ必需品