※本ページはプロモーションが含まれています

Intel Core i5-13500HX の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

CPU性能
スポンサーリンク
工事不要でネット接続が簡単! お得で安心の大手 WiMAX ブロバイダ会社! おすすめ2選!
ビッグローブ株式会社 《 詳細ページ 》 GMOインターネット株式会社 《 詳細ページ 》

 

 

初めに・・・

今回は、Intel Core i5-13500HX ベンチマーク(PassMark・Cinebench R23・Geekbench 5) CPU性能や特徴などを記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。

Intel Core i5-13500HX は、Pコアに、デスクトップ向け Intel 第13世代 Core シリーズのCPUと同じ、「Raptor Cove」を採用。その結果、消費電力も上がり、ベースパワーが55Wとなりました。HXシリーズは、 ノート向けIntel 第13世代 Core シリーズの中では上位に位置するシリーズで、パワーとパフォーマンス性能が高いのが特徴です。

Core i5-13500HXは、主に「クリエイターノートPC」や、「ゲーミングノートPC」のような、高いスペックを必要とするパソコンに多く使われています。

 

Intel Core i5-13500HX の仕様

CPU (商品名) Intel Core i5-13500HX
コードネーム / プロセス Raptor Lake / Intel 7 (10nm)
Pコア (Performance−Cores) / Eコア (Efficient–Cores) 6コア / 8コア
コア数合計 (Pコア + Eコア) 14コア
スレッド数 20スレッド
【Pコア】基本クロック周波数 / 最大クロック周波数 2.5GHz(定格) / 4.7GHz(ターボ・ブースト作動時)
【Eコア】基本クロック周波数 / 最大クロック周波数 1.8GHz(定格) / 3.5GHz(ターボ・ブースト作動時)
キャッシュ 24MB
最大温度 100℃
最小パワー / ベースパワー / 最大パワー 45W / 55W / 157W 
対応メモリ(種類) DDR5-4800 / DDR4-3200
内蔵グラフィックス (グラフィックス最大動的周波数) Intel UHD Graphics
グラフィックス最大動的周波数 1.5GHz
実行ユニット 16

 

Intel Core i5-13500HX について

Intel Core i5-13500HX「第13世代Core i HXシリーズ」の中では、下位の位置付けとなっているCPUで、開発コード名は「Raptor Lake」です。

CPUは、Pコアが6コア、Eコアが8コアの組み合わせとなり、計14コアとなり、スレッド数は、20スレッドとなります。マルチ性能は、けっこう良い感じです。Pコアには、デスクトップ向け Intel 第13世代 Core シリーズのCPUと同じ、「Raptor Cove」を採用しています。「Pコア」の基本クロック周波数は、2.5GHz 、最大クロック周波数が、4.7GHz、「Eコア」の基本クロック周波数は、1.8GHz、最大クロック周波数が、3.5GHzとなっています。そして、最大24MBのキャッシュを使用可能です。総合的に見ても、なかなかの性能といった感じです。

内蔵GPUは、「Intel UHD Graphics」です。グラフィックス最大動的周波数は「1.5GHz」で、実行ユニットは「16」となっています。内蔵GPUは非力なので、グラフィックボード搭載機種でないと、写真加工や動画編集などは、かなり厳しいと思います。

このモデルは、ベースパワーが55Wとなり、ノート型パソコンに使われるプロセッサの中では、かなり消費電力が高い方で、省電力性よりもパワーとパフォーマンス性能を優先したモデルとなっています。ちょっと発熱が気になりますね。熱が発生しやすい場合、それを冷やすためにファンがフル稼働するため、ファンの音が苦手な方は、注意が必要です。

これによってCore i5-13500HXは、パワフルで高い演算能力を発揮する事ができ、様々なクリエイターなど、ビジネス用途における幅広い分野での活躍が期待でき、性能の高いグラフィックボードが搭載されていれば、写真編集や動画編集、そしてゲームにも、そこそこ適しています。大体の作業は、それなりこなす事ができるCPUだと思います。
#(搭載される外付けグラフィックボードは種類によって性能が違い、できる内容も変わっていきます)

 

 

第13世代「Intel Core iシリーズ」の性能を表す数字&アルファベットの部分

Intelから発売しているIntel Core iシリーズは、「Core i9」「Core i7」「Core i5」「Core i3」の計4種類あります。数字の部分は小さい数字から大きい数字にかけて性能が良くなっていきます。例えば、数字の小さい「Core i3」は、性能よりも値段が安いコスパ重視、逆に数字の大きい「Core i9」は、値段よりも性能が高いスペック重視ということになります。

 

#インテル13世代CPUに使われている末尾のアルファベットの見方

末尾が「HX」 ベースパワーが55Wとなっています。末尾が「H / HK」のモデルよりも、さらに消費電力を上げ、パワーとパフォーマンス性能に特化したモデルです。主に、よりハイスペックなクリエイターPCやゲーミングPCに、多く搭載されるプロセッサーです。
末尾が「H / HK」 ベースパワーが45Wとなっています。末尾が「P」のモデルよりも、消費電力を上げ、省電力性よりもパワーとパフォーマンス性能を優先したモデルです。主にクリエイターPCやゲーミングPCに、多く搭載されるプロセッサーです。
末尾が「P」 ベースパワーが28Wとなっています。省電力性と性能のバランスを考えたモデルです。主に、スタンダードノートPCに多く搭載されるプロセッサーです。
末尾が「U」 ベースパワーが15Wとなっています。末尾が「P」のモデルよりも消費電力を抑え、性能よりも省電力性を重視したモデルです。主に、タブレットPCや薄型で軽いノートPCに多く搭載されるプロセッサーです。

 

 Intel Core i5-13500HX ベンチマーク

#この記事の全てのベンチマークスコアは、パソコン等によって数値が違ってきます。測定には RAM も含まれるので、メモリの種類によっては、結果が大きく変わります。なので、この記事の全てのベンチマークスコアは、あくまでも目安として参考にしてみてください・・・

 

【PassMark】比較表(マルチスコア)

CPU マルチスコア
AMD Ryzen 9 PRO 3900 31974 
Intel Core i7-12700 31237
Intel Core i9-12900H 29097
 Intel Core i5-13500HX 28004
Intel Core i5-12600K 27950
Intel Core i9-11900K
25583
AMD Ryzen 9 PRO 6950H 24614
Intel Core i5-13500H 24019

 

【Cinebench R23】比較表(マルチスコアの高い順)

CPU シングルスコア マルチスコア
 AMD Ryzen 9 5900 1606 20831
 Intel Xeon E5-2697 v3 739 19197
 AMD Ryzen 9 3900X 1327 18375
 Intel Core i5-13500HX 1742 18118
AMD Ryzen 9 7940HS 1794 17968
Intel Core i9-12900H 1851 16750
Intel Core i9-10900K 1394 16032

 

【Geekbench 5】比較表(マルチスコアの高い順)

CPU シングルスコア マルチスコア
Intel Core i7-12700K 1903 14384
AMD Ryzen7 7700X 2178 14368
 Intel Core i9-10940X 1182 13690
 Intel Core i5-13500HX 1736 13489
Intel Core i9-9920X 1124 12135
Intel  Core i9-7920X 1121 11892
AMD Ryzen 9 7940HS 1760 11628

 

商品紹介

【 Intel Core i5-13500HX 】搭載 ノート型パソコン

↗️ HP(ヒューレット・パッカード)   ゲーミングノートPC   〈Victus G1〉 セラミックホワイト  《807B6PA-AAAD》 ●仕様【16.1型(1920×1080) / Core i5-13500HX / NVIDIA GeForce RTX 4050 / メモリ:16GB / SSD:512GB / Windows11 / 約2.3kg/最長約7.5時間 】

《特徴》手軽にゲームが楽しめます! セラミックホワイトの筐体のカラーがオシャレ。テンキー付きのキーボードなので、ビジネスワークも快適に作業ができます。GeForce RTX 40シリーズのグラフィックスを搭載し、いろいろなゲームを気軽に楽しむ事ができます。なので、初心者の方でも使いやすいゲーミングノートPCかと思います。 NVIDIA GeForce RTX 4050 搭載モデルです。

 

↗️ HP(ヒューレット・パッカード)   ゲーミングノートPC   〈Victus G1〉 セラミックホワイト  《807B7PA-AAAB》 ●仕様【16.1型(1920×1080) / Core i5-13500HX / NVIDIA GeForce RTX 4060 / メモリ:16GB / SSD:512GB / Windows11 / 約2.3kg/最長約7時間 】

《特徴》手軽にゲームが楽しめます! セラミックホワイトの筐体のカラーがオシャレ。テンキー付きのキーボードなので、ビジネスワークも快適に作業ができます。GeForce RTX 40シリーズのグラフィックスを搭載し、いろいろなゲームを気軽に楽しむ事ができます。なので、初心者の方でも使いやすいゲーミングノートPCかと思います。 NVIDIA GeForce RTX 4060 搭載モデルです。

 

今、販売されている『ノート型パソコン』の売れ筋ランキング をチェック!

CPUの種類に関係なく、今、販売されている全ての「ノート型パソコン」の中で、どの機種が一番売れているのか気になりませんか??? 気になる方は、下の欄からどうぞ・・・

🟠【Amazon】ノート型パソコン売れ筋ランキング

🟡【楽天市場】ノート型パソコン売れ筋ランキング

🟢【Yahooショッピング】ノート型パソコン売れ筋ランキング