※本ページはプロモーションが含まれています

Intel Core Ultra 5 135H の“ベンチマークCPU性能”はどれくらい? 気になる仕様 & 搭載パソコンは?

CPU性能
スポンサーリンク
工事不要でネット接続が簡単! お得で安心の大手 WiMAX ブロバイダ会社! おすすめ2選!
ビッグローブ株式会社 《 詳細ページ 》 GMOインターネット株式会社 《 詳細ページ 》

 

 

初めに・・・

今回は、Intel Core Ultra 5 135Hベンチマーク(PassMark・Cinebench・Geekbench 6)、CPU性能について記事にしていきたいと思います。そして、このCPUが搭載されているパソコンを紹介したいと思います。

Core Ultra 5 135Hは、「Core Ultra Hシリーズ」に属し、シリーズの中ではCore Ultra 5 125Hの上に位置し、Core Ultra 5 125H よりもクロック周波数、グラフィックス性能が優れています。高性能のCPU性能と省電性を両立したプロセッサーで、AIにより、幅広い用途で作業効率が良くなるそうです。この「Core Ultra Hシリーズ」は、ノートPCの新たな性能基準を示すシリーズだと思います。

Core Ultra 5 135Hプロセッサは、主に高性能ノート型パソコンに使われるプロセッサーです。

 

Intel Core Ultra 5 135H の仕様

CPU (商品名) Intel Core Ultra 5 135H
コードネーム / プロセス Meteor Lake / Intel 4 (7nm)
各コア数 Pコア (Performance−Cores)  4コア  
Eコア (Efficient–Cores) 8コア
低消費電力 Eコア (Efficient–Cores) 2コア
コア数合計 (Pコア + Eコア + 低消費電力 Eコア) 14コア
スレッド数 18スレッド
【Pコア】基本クロック周波数 / 最大クロック周波数 1.7GHz(定格) / 4.6GHz(ターボ・ブースト作動時)
【Eコア】基本クロック周波数 / 最大クロック周波数 1.2GHz(定格) / 3.6GHz(ターボ・ブースト作動時) 
【低消費電力 Eコア】基本クロック周波数 / 最大クロック周波数 700MHz(定格) / 2.5GHz(ターボ・ブースト作動時)
 キャッシュ 18MB
最大温度 110℃
ベースパワー / 最大パワー 28W / 115W 
対応メモリ(種類) DDR5-5600 / LPDDR5X-7467
内蔵グラフィックス (グラフィックス最大動的周波数) Intel Arc Graphics
グラフィックス最大動的周波数 2.20GHz
Xeコア(GPUコア)  8コア
NPU Intel AI Boost
NPU 最大クロック周波数 1.4GHz 

 

Intel Core Ultra 5 135H について

Intel Core Ultra 5 135H は、Intelが今までシリーズ化してきたノート向け「Core iシリーズ」の「i」という文字を捨て、ノート向け「Core Ultra シリーズ」として、新たに生まれ変わったシリーズです。コードネームは、Meteor Lakeです。Core Ultra シリーズ」は、性能の高いノートPC向けに設計されたシリーズです。

プロセスルールが前世代の Intel 7 (10nm) から Intel 4 (7nm) へと進化しました。プロセスルールが微細化したことで、処理性能と電力効率アップに期待が出来ます。

そして、Intel独自のチップレット技術「タイルアーキテクチャ」を採用しました。SoC(CPU)を単一のモノシリックダイとしては組み立てないで、機能ごとに分かれている「機能ブロック」 を複数組み合わせて一つにまとめ、組み立てる技術だそうです。

CPUコアに関しては、第13世代 Core i シリーズまで採用していた PコアとEコアの他に、新しくEコアの低電力バージョンの「LP Eコア(低電力Eコア)を追加しました。これにより、アイドル時および低負荷時の消費電力をいい感じに削減でき、電力効率の改善につながったそうです。

コア数 / スレッド数は、14コア(Pコア : 4コア、 Eコア : 8コア、 低消費電力 Eコア : 2コア)と18スレッドとなり、4.6 GHzの最大クロック周波数を発揮します。さらに、キャッシュは18MBのIntel Smart Cacheを備えています。Core Ultra 5 125H よりもクロック周波数、グラフィックス性能が優れています。

そして、CPUに統合された NPU(Neural Processing Unit) のおかげで、高速なAI処理と高い電力効率が可能になり、生成AIなどのAI関連の処理が飛躍的に高速化されています。それから、OpenVINOWindowsMLONNX RTなどのAIソフトウェアフレームワークに対応します。

メモリは、最大96GBまで増やすことができ、「LPDDR5/x 7467MT/s」や「DDR5 5600MT/s」などの高速メモリに対応しています。

ベースパワーが 28W、最大パワーが 115Wです。省電性とパワフルで高い演算能力を発揮する事ができ、クリエイターなど、ビジネス用途における幅広い分野での活躍が期待できます。内蔵GPUには、「Intel Arc graphicsを搭載しており、DirectX 12.2、OpenGL 4.6、OpenCL 3.0などのグラフィックス仕様に対応しています。内蔵グラフィック性能が飛躍的に向上しています。さらに、外付けグラフィックボードが搭載されていれば、負荷の高い写真編集や動画編集、そしてゲームにも、おおよそ適しています。大体の作業はこなす事ができる優秀なCPUだと思います。改善された電力効率、高い内蔵グラフィックスパフォーマンス、より高速なAI処理機能を備えた高性能プロセッサです。  #(搭載される外付けグラフィックボードは種類によって性能が違い、できる内容も変わっていきます)

ちなみに、Core Ultra 5 135H に搭載される内蔵GPUは、「Intel Arc GPU」が採用されています。「DirectX 12.2」、「OpenGL 4.6」、「OpenCL 3.0」などのグラフィックス仕様に対応し、グラフィックス最大動的周波数は「2.20GHz」で、Xeコア(GPUコア)は「8コア」となっています。最大7680×4320 リフレッシュレート60Hzの高解像度ディスプレイに対応しています。

 

写真のTシャツ 

 

「Intel Core Ultra シリーズ 」の性能を表す数字&記号の部分

Intelから発売しているIntelCore Ultraシリーズは、「Core Ultra 9」「Core Ultra 7」「Core Ultra 5」の計3種類あります。数字の部分は小さい数字から大きい数字にかけて性能が良くなっていきます。例えば、数字の小さい「Core Ultra 5」は、性能よりも値段が安いコスパ重視、逆に数字の大きい「Core Ultra 9」は、値段よりも性能が高いスペック重視ということになります。

 

#インテル13世代CPUに使われている 末尾の記号(アルファベット) の見方

末尾が「H」 パワーと高いパフォーマンス性能に省電力性を加えたモデルです。「Core Ultra 5」〜「Core Ultra 7」までのベースパワーが28W、「Core Ultra 9」のベースパワー は、45Wとなっています。GPUは、「Intel Arc GPU」が採用されます。このHシリーズは、主にクリエイターPCやゲーミングPCに、多く搭載されるプロセッサーです。
末尾が「U」 ベースパワーが15Wとなっています。末尾が「H」のモデルよりも消費電力を抑え、性能よりも省電力性を重視したモデルです。GPUは「Intel Graphics」が採用されています。このUシリーズは、主に、タブレットPCや薄型で軽いノートPCに多く搭載されるプロセッサーです。

 

Intel Core Ultra 5 135H のベンチマーク

#この記事の全てのベンチマークスコアは、パソコン等によって数値が違ってきます。測定には RAM も含まれるので、メモリの種類によっては、結果が大きく変わります。なので、この記事の全てのベンチマークスコアは、あくまでも目安として参考にしてみてください・・・

 

【PassMark】比較表

CPU  シングルスコア  マルチスコア
Intel Core i9-11900K 3564 26045
AMD Ryzen 9 6980HX 3421 25618
Intel Core i7-11700K  3473 25160
Intel Core Ultra 7 155H
3564 24857
AMD Ryzen 9 PRO 6950H 3248  24614
Intel Core Ultra 5 135H 3689 24406
 AMD  Ryzen 7 7735HS 3353 24083
Intel Core i5-13500H 3608 24019
AMD Ryzen 7 3800X 2697 23082
Intel Core i9-10850K  3192  22276 

 

【 Cinebench 】比較表

🟢【 Cinebench R23 】比較表(マルチスコアの高い順)

CPU シングルスコア マルチスコア
AMD Ryzen 7 5800X 1626 15318
Intel Core i7-11700K 1599 15090
Intel Core i7-13620H 1795 15004
Intel Core Ultra 5 135H 1695 14872
Intel Core Ultra 5 125H 1703 14619
AMD Ryzen 9 6900HX 1641 14526
Intel Core i9-10900X 1143 14339

 

🟢【 Cinebench 2024 】比較表(マルチスコアの高い順)

CPU シングルスコア マルチスコア
Intel Core i5-12600K 139 921
AMD Ryzen 7 7600X 117 889
Intel Core Ultra 7 processor 155H 110 871
Intel Core Ultra 5 135H 104 853
Intel Core Ultra 5 125H 101 845
Intel Core i7-13700H 109 843
AMD Ryzen 7 5800X3D 98 837

 

【Geekbench 6】比較表(マルチスコアの高い順)

CPU シングルスコア マルチスコア
AMD Ryzen 5 7600 2726 12073
Intel Core i5-12600KF 2472 11989
AMD Ryzen 7 PRO 7840HS 2231 10861
Intel Core Ultra 5 135H 2320 10708
Intel Core Ultra 5 125H 2249 10174
Intel Core i5-12600 2378 9952
Intel Core i9-9900X 1504 9786

 

商品紹介

【 Intel Core Ultra 5 135H 】搭載 ポータブルゲーミングPC

↗️ MSI(エムエスアイ)   ポータブルゲーミングPC   〈Claw-A1M〉 ブラック 《Claw-A1M-003JP》 ●仕様【7型(1,920×1,080) 120Hz タッチパネル対応 / Core Ultra 5 135H / メモリ:16GB / SSD:512GB / Windows11 / 約675g / 最長約8時間】

《特徴》ゲーム以外でも、いろいろ使える優れもの! OSは、Windows 11なので、ゲーム以外でも使い道があります。操作のしやすさを考えたボタンやスティックの配置設計など、人間工学に基づいたデザインを採用。microSDカードスロットを装備しているので、ストレージ拡張に便利。「Thundertoblt 4」も搭載。映像出力や本体充電にも対応しています。

 

↗️ MSI(エムエスアイ)   ポータブルゲーミングPC   〈Claw-A1M〉 ブラック 《Claw-A1M-003JP》 ●仕様【7型(1,920×1,080) 120Hz タッチパネル対応 / Core Ultra 5 135H / メモリ:16GB / SSD:512GB / Windows11 / 約675g / 最長約8時間】

《特徴》ゲーム以外でも、いろいろ使える優れもの! OSは、Windows 11なので、ゲーム以外でも使い道があります。操作のしやすさを考えたボタンやスティックの配置設計など、人間工学に基づいたデザインを採用。microSDカードスロットを装備しているので、ストレージ拡張に便利。「Thundertoblt 4」も搭載。映像出力や本体充電にも対応しています。「サンディスク エクストリーム」microSDカード 512GB とのセットモデル。

 

今、販売されている『ノート型パソコン』の売れ筋ランキング をチェック!

CPUの種類に関係なく、今、販売されている全ての「ノート型パソコン」の中で、どの機種が一番売れているのか気になりませんか??? 気になる方は、下の欄からどうぞ・・・

🟠【Amazon】ノート型パソコン売れ筋ランキング

🟡【楽天市場】ノート型パソコン売れ筋ランキング

🟢【Yahooショッピング】ノート型パソコン売れ筋ランキング